夏といえば、プール、海、スイカ、ビール、、、様々あると思います。が!

やはり、かき氷やアイスクリームのなどの冷たいものが食べたくなりますよね。

その中でも「酪王カフェオレアイスクリーム」というアイスが売り切れ続出!?と注目されています。

食べてみたい!と思った方も多いはず。

普通のアイスクリームと何が違うのか、入手方法、お取り寄せできるのか調べてみました!

 

酪王カフェオレアイスクリームとは?

 

福島県郡山市にある酪王乳業株式会社が1976年から販売し、福島県民のソウルドリンクともいわれている「酪王カフェオレ」。

福島県民がごっそりと買って帰るほど、大人気のカフェオレだそうです。

このままでもおいしそうですよね。

この福島県民から愛されている酪王カフェオレが2016年に進化。

それがこちら・・・

 

 

今売り切れ続出の「酪王カフェオレアイスクリーム」です!

 

乳脂肪分は14パーセントと非常に高いのが特徴。

ほんのり甘くて、お風呂上りのコーヒー牛乳のような味わい。

乳脂肪分も高いため、ミルク感もコーヒー感も両方しっかりと味わえるアイスだそうです。

とてもおいしそうです。

スポンサードリンク

売り切れ続出!?その理由とは

 

2016年に新商品として販売したところ、SNSを中心に口コミであっという間に拡散され、

2週間で6000個が完売しました。

このアイスクリームのすごいところは、11月というアイスクリームの売り上げが落ち込む時期に

驚異的な売り上げを記録したところです。

同年12月には、2万4000個を出荷したものの、こちらも驚異的な売り上げを記録し、

あっという間に完売し、売り切れになってしまいました。

このような、驚異的な記録を生んだ酪王カフェオレアイスクリームは

「幻のアイス」

とも呼ばれています。

 

幻のアイス!売り切れ続出!と聞くと一度は食べてみたいと思いますよね。

というよりも、食べたい!笑

そこで、酪王カフェオレアイスの入手方法を調べてみました。

スポンサードリンク

入手方法は?販売店、お取り寄せ方法

 

酪王カフェオレアイスクリームは福島県内では手に入るそうです。

しかし・・・簡単に福島県まで行けない方が多いですよね。

しかも!行ったはいいけど売り切れ!なんて事態も発生しかねません。

 

ここで便利な通販!

だがしかし・・・酪王カフェオレアイスクリームは通販販売していないそうです。涙

理由は、福島県にある酪王乳業という会社だけで作っているため、大手メーカーのように

大量生産することが難しいとのこと。

 

手に入らないと分かると、もっと食べてみたくなりますよね。

 

しかし!東京都内で酪王カフェオレアイスクリームGET!

という情報を入手!

それはこちらの2店舗

 

【福島県八重洲観光交流館】

東京都中央区八重洲2-6-21三徳八重洲ビル1F

 

【日本橋ふくしま館ーMIDETTE】

東京都中央区日本橋室町4-3-16

 

この2店舗です。

福島県のアンテナショップなので、置いてあるのも納得。

しかし!福島県内でもなかなか手に入らないものなので、現在は完売だそうです。涙

次回の入荷時期は1月頃だそうです。

近くに来た際には寄ってみてください!運命的な出会いがあるかも!

 

酪王カフェオレアイスクリームについて調べてみると気になる画像を発見しました。

それがこちら

 

 

ん?ソフトクリーム?

 

気になったので関連商品についても調べてみました^^

 

先ほど紹介した、【日本橋ふくしま館ーMIDETTE】では、酪王カフェオレソフトが売っているとか!

ソフトクリームでも、酪王カフェオレアイスクリームのような濃厚な味わいを楽しめそうです!

 

また、秋葉原駅の総武線ホームには酪王カフェオレが買える自動販売機があるのだそう。

 

 

秋葉原に寄った際には探してみるのも楽しいかもしれません。

そして、元祖酪王カフェオレを一度味わってみるのもいいですね。

 

一度は口にしてみたい酪王カフェオレアイスクリーム。

いつか皆様も味わえますように。

 

スポンサードリンク