DAOKO(だをこ)というラッパーをご存知ですか?

今じわり、じわりと人気がでてきている女性ラッパーです。

そのDAOKO(だをこ)が今年話題の映画主題歌をPONのスタジオで生歌を披露します!

 

DAOKO(だをこ)とはどんな人?本名は?

 

 

DAOKO(だをこ)

生年月日:1997年3月4日

出身地:東京

事務所:2.5D management

 

15歳の時にニコニコ動画に初音ミクの「戯言スピーカを」ラップバージョンで投稿したのが彼女の始まり。

16歳の時にm-floの目に留まり、コラボ楽曲「IRONY」が

映画「鷹の爪~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌になりました。

2014年には話題となった映画「渇き。」の挿入歌として「Fog」が抜擢されました。

 

第3弾作品の「ME!ME!ME!」の音楽をTeddyLoidと担当したことで、世界で大きな注目を集めました。

顔出しをせずにミステリアスな女性ラッパーとしてじわり、じわりと人気が。

 

2015年に1stアルバム「DAOKO」を発売し、メジャーデビューを果たしました。

デビュー当時は顔出しせずに、歌声でファンを魅了してきたが、第2弾のPVにて顔出しをし

美人すぎる!!と話題にもなりました。

そして、顔出しして以降には、彼女の青を基調としたファッションも話題に。

 

彼女の注目すべきとこらはまず名前だと思います。

彼女を知らない人はDAOKOをそのまま読むと「だおこ」なので「だおこ」だと思ってしまいます。

しかし、本当の読み方は「だをこ」です。なかなか難しい読み方をしますね。

せっかくなので、この機会に覚えてくださいね。

 

彼女の本名ですが、調べてみましたが分かりませんでした。

出身高校なども公表されていません。残念。。。

しかし、ミステリアスなところも彼女の魅力の一つ。

これからの彼女の活躍に目が離せません!

 

スポンサードリンク

 

mステでDAOKO(だをこ)と米津玄師が共演?話題の映画主題歌を披露?

 

8月18日に注目のDAOKO(だをこ)の3rd Single「打上花火」がリリース。

こちらの曲は現在公開されている話題の映画

「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」の主題歌となっています。

 

DAOKO(だをこ)と米津玄師が掛け合い、その声の切なさ、印象的なトラックが映画に花を添え

夕暮れから花火があがるまでの情景、切ない恋心を歌い上げています。

そのアニメーションPVが公開されました^^

 

 

また、映画の挿入歌として使用されている「Forever Friends」も今回リリースされる

「打上花火」の2曲目に収録されています。

 

そして、DAOKO(だをこ)を検索してみるとmステというワードがちらほら。

DAOKO(だをこ)が米津玄師とコラボしてmステに出演した!と勘違いされているようです。

話題の映画の主題歌を歌ったことで、ファンの間で地上波にでてしまうのではないか・・・・

という憶測が生まれファンの間で「DAOKO(だをこ)にはmステに出てほしくない」

という話題が持ち上がりました。

それがmステに出演と勘違いされたようです。

ファンなら出てほしくない!という気持ちわかる気がしますよね。

 

また、この動画の再生回数が10000000回を突破!!!

100000000回って・・・・凄い!

これを記念して、8月23日(水)18:00より期間限定でDAOKO(だをこ)のTOURチケットの

先行抽選を開始するそうです。

彼女の生歌を聞きたい方は是非応募してください!

こちらの詳細はオフィシャルサイトで公開されていますので是非チェックしてみてください!

↓オフィシャルサイトはこちら↓

http://daoko.jp/

 

スポンサードリンク

 

DAOKO(だをこ)がPONにて生歌を披露!

 

 

朝の情報番組「PON!」にて生歌を披露するそうです^^

どんな生歌を披露してくれるのか楽しみですね。

彼女の生歌を聞くことで、彼女の歌声に魅了されファンも増えるでしょうね!

これからの活躍に目が離せません!

 

最後まで読んでいただきありがとうごさいました^^

 

スポンサードリンク