mika1

画像出典:http://www.kakushinkon.org/news.htm

 

国際ジャーナリストとして活躍している堤未果(つつみ みか)さん。

ニューヨーク州立大学国際関係論学科を卒業し、ニューヨーク市立大学大学院の国際関係論学科を卒業と、国際学のスペシャリストとして有名な彼女。

国連、アムネスティインターナショナルNY支局員、米国野村証券を経て現職。

日米を行き来しながら取材や講演、メディア出演を続けています。

彼女の書いた著書は海外でも翻訳されて、世界中で読まれるものとなっています。

 

さて、そんな彼女ですが今巷では「堤未果さんが整形をしていて怖い顔になっていないか?」というふうに感じている人が多いようです。

今回のこの記事ではこの真相を画像を交えながら探っていこうかと思います。

スポンサードリンク

 

 

堤未果が顔を整形!?前とは変化した顔立ちに!

mika2

画像出典:http://www.mikatsutsumi.org/news/?m=201412&paged=2

 

こちらは堤未果さんの2014年の画像となります。

とある日ょ咳が完成したとのことで、その宣伝を踏まえた写真だったのでしょう。

冒頭でも一つ写真を紹介しましたが、そちらの写真とこの写真では少し雰囲気が異なっています。

これは整形が原因なのでしょうか。

調査をしましたのでまとめていきます。

スポンサードリンク

 

mika3

画像出典:youtubeより

 

こちらは今年の7月の写真ですが、まず第一に印象として受けるのは顔全体の輪郭部分です。

2014年の画像はおそらく手術後だったのか、顔全体が赤らんでいるように見えますよね。

それもそのはず、整形手術の方法として『ボトックス注射』が挙げられますが、これをすると表情が出にくくなるとのことです。

 

そう言われてみると、上の画像たちはなんとなく不自然な表情になっているようにも見えてきませんか?

また、以前テレビ番組に出演した際に、「堤未果さんの顔が腫れ上がっているんじゃないか」という質問がネット上でされています。

それに対しての返答は、「話をしていても口が開きにくいといった感じになっていて、顔もパンパンに腫れています」とのことでした。

 

おそらく調べて観た結果としては整形をしていることに間違いはないようです。

本人もそれを露骨に隠そうとしているわけではなさそうです。

これがどんどんエスカレートしてしまい、元の顔がわからないレベルにまでいかないことを願うばかりですね。

スポンサードリンク