ロボコンとは、参加者が事前に発表された課題に対して自身が作成したロボットを使ってその課題を克服していく大会です。

日本ではNHKが主催し、協議会のロボットがテレビ放送されるロボットコンテストが「ロボコン」の代名詞となっております。

先日8月27日には、一年に一回開催されるアジア太平洋地域の国と地域が参加して開かれているABUというロボコン大会が開催され、話題になっています。

2013年に開かれたABUロボコンでは、8年ぶりに日本代表の金沢工業大学が優勝し、話題となりました。

 

 

そんなロボコンですが、NHKで放送されるきっかけとなったのは全国の高等専門学校を対象に1988年(昭和63)にスタートした「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(略称、高専ロボコン)」が始まりです。

NHKロボコンは毎回出題される競技課題をこなすロボットを手づくりし、通常は対戦しながら勝ち上がっていく形式で行われます。

 

その様子を映した動画まとめを今回は作成したいと思います。

 

スポンサードリンク

まずは今年の大会詳細からまとめていきたいと思います。

 

高専ロボコン 2017 大会詳細

 

大会正式名称:

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017

 

競技名:

大江戸ロボット忍法帳

 

主催:

全国高等専門学校連合会、NHK、NHKエンタープライズ

 

後援:

文部科学省、日本機械学会、日本ロボット学会、電気学会

 

協賛:

本田技研工業株式会社 マブチモーター株式会社 株式会社安川電機 東京エレクトロン株式会社 田中貴金属グループ ローム株式会社

 

開催日時:

〇地区大会(全国8地区):2017年10月1日(日)~10月29日(日)

〇全国大会:2017年12月3日(日)

 

会場:

東北  10月01日 八戸市東体育館(青森県八戸市)

四国  10月08日 南国市立スポーツセンター(高知県南国市)

東海北陸  10月15日 三重交通G スポーツの杜 伊勢(三重県営総合競技場体育館)(三重県伊勢市)

中国  10月15日 キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター メインアリーナ(山口県周南市)

北海道  10月22日 函館アリーナ(北海道函館市)

近畿  10月22日 舞鶴文化公園体育館(京都府舞鶴市)

関東甲信越  10月29日 長野市若里多目的スポーツアリーナ「ビッグハット」(長野県長野市)

九州沖縄  10月29日 大牟田市民体育館(福岡県大牟田市)

&nbsp

〇全国大会  12月03日 有明コロシアム(東京都・江東区)

スポンサードリンク


 

今年の課題は?

今年の競技は、ずばり「風船割」です。 ロボットに風船が5個ずつ、赤・青チームの本陣にそれぞれ10個ずつ風船が取り付けられています。相手チームの本陣、または相手ロボット2台のすべての風船を割ると勝利となります。

人の手の届かないところにある風船をロボットがどのように割るのか、動いている相手ロボットについている風船をどのように割るのか。チームそれぞれに「秘密兵器」として用意されている手段への注目など、見どころ満載な大会になる事が予想されます。

忍法帳とは、忍者が様々な忍術を記したものと言われています。あらゆる状況、障害を想定し、それを乗り越える技が記載されており、それは代々受け継がれていきます。

今回は30回という節目でもあるため、例年に比べさらにレベルアップされた大会内容が期待されています。
 

過去の高専ロボコン動画まとめ

2016年 全国大会動画

 

 

 

2012年 全国大会決勝動画

 

スポンサードリンク