鮪(まぐろ)、鯵(あじ)、鯖(さば)・・・

魚の漢字にはたいてい、「魚偏(さかなへん)」がついています。

しかし、魚偏がつかない魚が存在することをご存知ですか?

そんな魚偏がつかない魚たちを紹介していきたいと思います^^

 

カンパチって漢字でどう書くの!?

 

お寿司やさんや魚売り場で漢字で書かれた魚をよく目にしますよね。

その中には、魚なのになぜか魚偏がつかない漢字が存在しています。

ここで質問です。

「カンパチ」って感じで書くとどんな漢字になるかご存知ですか?

正解は・・・

 

 

勘八」もしくは「間八」と書きます。

由来は、目の間にある線が、漢字の「八」に見えることから、「間八」もしくは「勘八」と呼ばれるようになったそうです。

 

他にも魚偏が付かない魚たちが存在します。

・秋刀魚(さんま)

・太刀魚(たちうお)

・穴子(あなご)

・細魚(さより)

・公魚(わかさぎ)

・河豚(ふぐ)

探してみると結構存在すことがわかりました。

魚偏が付く漢字と付かない漢字。

何が違うのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

魚偏(さかなへん)が付く漢字と付かない漢字

 

魚偏が付く付かないは、その魚の由来に関係していそうです。

例えば・・・

・鰹(かつお)

古くから干物として食べられていた鰹。干物にいたときの堅い様子から「鰹」となったそうです。

・鯖(さば)

鯖は青魚として有名ですよね。釣ったときの綺麗な青色をしている様から「鯖」となったそうです。

・鮒(ふな)

鮒は群れとなって、お互いがくっ付きながら泳ぐそう。その様から「鮒」となったそうです。

 

この説からいくと・・・

・勘八・間八(かんぱち)

目と目の間の模様が、漢字の「八」にみえることから、「勘八」・「勘八」。

・秋刀魚(さんま)

釣れた時の様が刀のように細く、秋に多くとれることから「秋刀魚」。

・細魚(さより)

まさに細い魚だから「さより」

となっているそうです。

 

魚偏が付く付かないでの大きな違いはなく、名前の由来から、たまたま魚偏が付かなかっただけのようです。

 

スポンサードリンク

 

どっちもある漢字、使い分けは!?

中には、魚偏がつく漢字と付かない感じが存在する魚もいます。

・平目と鮃(ひらめ)

・河豚と鰒(ふぐ)

どっちが正しいの!?と疑問に思っている方も多いはず・・・

その違いは、特にないそうです!

お店や、表記する場所や場面によって使い分けているみたいです。

 

また、鯨(くじら)は哺乳類で魚じゃないのい何故魚偏がついているのか?という疑問も多くみかけました。

鯨は、昔のひとが鯨のことを魚だと思っていたため、魚偏が付いているという説が有力だそうです。

鯨が発見された当時は、鯨の生態がはっきりとわからなかったため、魚だと認識されていましたが、近年鯨の研究が進むにつれ、哺乳類であることが判明。

しかし、鯨という漢字が多くの人に知られていたため、そのまま「鯨」の漢字を使っているのだそうです。

 

魚の漢字は多く存在し、よくクイズ番組などで出題されますよね。

しかし、その漢字を読み解くことで、その魚の特徴や生態を紐解くことができます!

ぜひ皆さんも、魚の漢字を見かけた際には、その魚がどんな魚なのか考えてみてください。

一つひとつの魚を観察し、名前をつけた昔のひとは凄いですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク