埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学一年生の少女が保護された事件が再び話題になっています。

さいたま地裁は今日29日、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(オオタニケンジ)被告(25)に判決を言い渡す予定でした。

しかしこの裁判では思わぬ展開に、、

kenzi

 

今回のこの記事では、寺内樺風被告の法廷での言動や、それによって公判がどうなったのかなどをまとめていきます。

スポンサードリンク

 

 

寺内樺風(オオタニケンジ)の職業は森の妖精!?

判決交番は午前10時半に開廷しましたが、寺内樺風被告は「イエス、イエス」などの意味不明な奇声を発しながら入廷しています。

人定質問で裁判長から名前などを聞かれると、「オオタニケンジ、年齢は16歳です」と明らかに事実とは異なる供述をしています。

「現住所は群馬県高崎市のオートレース場。職業は森の妖精でございます」などと説明。

 

裁判長が「私の言っていることがわかりますか」と尋ねると、「日本語がわかりません」などと話したという。

そのため、裁判長は「少し落ち着きましょう」と言い、休廷を言い渡したそうです。

スポンサードリンク

 

 

寺内樺風(オオタニケンジ)被告は責任能力の回避が目的か!?

kabu

画像出典:http://be-attractive.jp/terauchi-gazo/

 

これまでの公判では、弁護士側の請求により裁判所が被告の精神鑑定を実施しています。

相手の感情を感じとったり、自分の行動の不適切さを理解したりすることが苦手な発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったことが、責任能力の程度が主な争点でした。

検察側は「自閉スペクトラム症の傾向にあるが、自身の欲望に従って犯行に及んだ。インターネットで中学校を物色して少女を追尾するなど、計画的かつ巧妙な犯行ではないのか」と、完全責任能力が認められると主張しています。

弁護側は、被告が事件までに統合失調症を発病していたなどとし、「責任能力は限定的だ」と主張していました。

 

今回の判定での、一見意味のわからない彼の供述は、「責任能力がないと判断させるためではないのか」という声があります。

実際にまともな会話ができない状態であれば、裁判長も「責任能力なし」と認めることになるかもしれません。

今回の公判の延期は、そんな供述をする彼を公正な目で判断するためのものだったのかもしれません。

スポンサードリンク