かつてセレブキャラとして活躍したタレントのマリエさんを覚えていますでしょうか。

2005年から2010年にかけてテレビでは見ない日はほとんどないほどの人気を博していた彼女。

元祖・ハーフタレントともいえるべき存在で、タメ口タレントの先駆者でしたが、ここ数年ではすっかり見かけなくなってしまいましたね。

そんな彼女が現在何しているのかきになる方も少なくないのではないでしょうか。

今回のこの記事では、マリエさんの現在や家族、それからテレビで活躍されていた頃の動画などを紹介していきましょう。

スポンサードリンク

 

 

マリエの現在は!?両親は離婚してしまった?

marie

 

「黒いTシャツに短パンというラフな服装にナチュラルメイクでしたが、すぐにマリエさんだなってわかりました。こういうお店で食事していることに驚きです」

8/16の夜、都内にある庶民派居酒屋チェーンで居合わせた客に姿を目撃されているマリエさん。

目撃者が「こういうお店」と表現するのは彼女が以前『セレブキャラ』としてブレイクしたからでしょう。

 

和製パリス・ヒルトンと呼ばれ、セレブキャラで活躍した彼女。

かつてはレギュラー番組を9本も抱える超売れっ子でしたが、2011年に海外の名門美術大学に留学してからあっさりと姿を消してしまいました。

美術大学を卒業してからは、イベントに出演したり、ファッションの講師として講演活動を行ったりしています。

 

芸能活動として表舞台に立つことはあまりありませんが、違ったところでしっかりと活躍されているようですね。

スポンサードリンク

 

マリエはもうセレブではない!?両親は離婚か

marie2

かつてセレブキャラだったマリエさんが、1品200円代から楽しめる両親価格のお店に現れたのは、彼女の昔を知っている人にとっては意外かもしれません。

「30代後半から40歳くらいの男性と一緒でした。彼は黒い帽子に長髪で髭を生やしていて、なんとなく業界人のような雰囲気でした」と居酒屋に居合わせた人がコメントをしています。

 

 

マリエさんはもともとカナダ人と日本人のハーフです。

父親がフランス系カナダ人で、児童やオイル輸入業の社長をしていました。

母親が日本人で客室乗務員。

日本でサロンを経営していて、根っからのお嬢様としてマリエさんは育てられています。

 

しかし「石油王」と呼ばれていた父親の会社は倒産し、さらに両親は離婚。

多額の借金ができてしまい、マリエさん自身にも影響が及ぶほどなのでは!?という噂もあります。

 

しかし以前、週刊誌の『女性自身』がこの借金などに関してマリエさんの母親にインタビューをしています。

「サロン店の事業も拡大中。確かに離婚はしていますが、それはもうずっと前の話です。ローンはあるけど、私個人の話で、差し押さえといっても固定資産税を納め忘れた10万円ほど払った程度です」

とコメントをしています。

多額の借金が!?というのはただの噂だったようですね。

 

これからマリエさんは芸能界に戻ってくるという話は上がっていませんが、今の道で彼女にも活躍し続けてもらいたいですね。

今回の記事は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク