民進党の蓮舫代表が辞任した後の新代表として、前原誠司氏が選出されました。

民進党代表選では枝野氏と争っていましたが、前原氏が国会議員票83、公認候補予定者84、これに対して枝野氏は国会議員票51、公認候補予定者42でした。

その他党員サポーターの表を合わせると前原氏が502P、枝野氏が332Pとなり、民進党の新代表には前原氏が選出されることになりました。

スポンサードリンク

前原氏の公約

前原氏は民進党の代表選にあたり、以下のような公約を掲げています。

・経済政策

中間層を含む生活の安心を底上げする。また、経済の循環を作り出す。

・税政策、財源等

地方交付税に頼らない「地方共同税」の創設

建設国債の投資対象を教育など人的投資に回す

・消費税

10%への引き上げを容認し、これによる増収部分は就学前教育・保育や大学無償化に充てるとする

・子育て、教育政策

就学前教育・保育の無償化

大学など高等教育の無償化

・労働関係

同一価値労働、同一賃金を基本とする

・原発

原発を2030年代にはゼロにすることを目標に財源を投入

・改憲

改憲の議論は進めるものの、年単位で時間をかけて行う

安倍総理の掲げる憲法9条への自衛隊明記について、意見の安保法下での明記は反対

以上のような公約を掲げています。

前野氏は党の再建を急務として、小池都知事との連携なども視野に入れながら党の再起を目指すとしています。

スポンサードリンク