deitona2

イタリアの超高級スーパーカー「フェラーリ」の、「365GTB/4」、通称デイトナシリーズのうち、なんと世界に一台しかないという公道走行用のアルミニウム製の車両が見つかったといいます。

しかも見つかった場所がぼろぼろの納屋の中だったのです!

スポンサードリンク

フェラーリ365GTB/4とは

フェラーリと言えば言わずと知れたイタリアの高級自動車メーカー。独特かつ洗練されたデザインとそのスペックで世界中に多くのファンが存在します。

そんな中で今回話題となっているのは1968年から1973年まで製造された「365GTB/4」というグランツーリスモ(レースに出られるほど優れた走行性能を持った車の意)です。

deitona5

しばしばフェラーリ・デイトナとも呼ばれます。かつて行われたデイトナ24時間レースにおいて365GTB/4のプロトタイプが圧勝したため、そこからこの愛称がついたと言われています。

 

1970年当時はその今まで類を見ないような斬新でありながら洗練されたデザインと、新技術を用いた12気筒エンジンにより最高速度280km/hを記録するなどとんでもない性能を誇っていました。

0~100km/h加速も5.4秒と当時最速クラスでした。

 

レースにおいても1972年~1974年までの3年間ル・マン24時間レースで優勝し続けたり、生産終了後の1979年デイトナ24時間レースで2位入賞するなど素晴らしい成績を収めました。

スポンサードリンク

今回見つかったフェラーリ365GTB/4は何が違うのか

今回発見されたデイトナは何がレアなのかというと、「公道走行用のアルミボディ車」である、という点です。

実はアルミボディのデイトナは他に何台か存在していますが、いずれも「レース走行用」なのです。

公道走行用に作られたアルミボディのデイトナは端からこの一台しかなかったのです。

deitona3

世界に一台のこの車は、最初イタリアの自動車雑誌創始者が購入した後、イタリア国内でオーナーが何度か変わり、1971年に日本に輸入されました。そして1980年に車庫におさめられ、その後約40年に渡って眠っていました。

 

そしてこの度、この車がイタリアでオークションにかけられることとなりました。

オークションの際はこの画像の通り修復を施さず発見されたままの状態で出品されるとのことです。

deitona4

競売元のRMサザビーズによれば、期待される落札額は170万ユーロ、日本円にして約2億2千万円に上るといいます。

 

もし保存状態が良ければさらに落札予想額が跳ね上がったのかもしれません。保存状態が悔やまれます・・・。

スポンサードリンク