テレビ東京系「ドラマ25」で2017年10月より放送の新・連続ドラマ『セトウツミ』に女優の清原果耶さんが出演することが決定しました。

このドラマは此元和津也さんの描く漫画「セトウツミ」をドラマ化したものになります。

今記事では当ドラマについてのほか、清原果耶さんのプロフィールや出演作、そして検索すると必ず現れる「ムービー事件」についてもまとめました。

『セトウツミ』とはどういう漫画なのか

「セトウツミ」は、サッカー部を退部して暇を持て余している瀬戸小吉と、部活に入らず塾までの時間を持て余している内海想の二人が、放課後に関西弁で繰り広げる様々な会話を描く作品です。

seto

この二人のほかに、ヒロインとして登場するのが「樫村一期(清原果耶)」です。

実は瀬戸から好意を抱かれていますが、一期は内海に惹かれているという立ち位置のキャラクターを演じます。

 

清原果耶のコメント

“コメディ要素が強い作品に参加させていただくことが初めてなので、正直なところ不安でいっぱいです…。原作を読んだ際に、何気ない会話にも関わらず、どこかシュールで面白い瀬戸と内海のやりとりにページをめくるたびにドキドキワクワクさせられました。
原作を知らない方とこの気持ちを共有できると思うと、とても嬉しいですし気合いが入ります。
演じる樫村一期はとても自分に正直で、天然で、少し計算高いようなイメージを受けました。
今感じている彼女の印象だけでなく、これから演じていく中で新たな魅力を見つけ、表現できたらいいなと思っています。しっかりと研究をして、自分なりに素直に演じたいです。
セトウツミの舞台である大阪は私の出身地ということもあり、とても親近感が湧いています。1つ1つの場面を丁寧に演じて、視聴者の皆さんの期待を上回る作品になるように、樫村一期として一生懸命頑張りたいと思います。”

https://www.cinra.net/news/20170905-setoutsumi

清原果耶のプロフィール

kiyohara

2002年1月30日生まれの15歳で、身長は161cm。女優、ファッションモデルとして活躍し、アミューズに所属しています。

大阪府出身ということで、今回の『セトウツミ』で繰り広げられる関西弁での会話にぴったりの女優さんといえます。

「アミューズオーディション2014」にてグランプリを受賞し、その後ファッション雑誌の『nicola』専属モデルとなります。

2015年からは三井不動産グループのCM、アステラス製薬のCMに起用されたことから一躍人気となります。

さらに連続テレビ小説「あさが来た」にもレギュラーで出演して女優としての名も世に知らしめました。

2017年には、約500人が参加したオーディションを勝ち抜き実写映画「三月のライオン」の出演権を手にしました。

あこがれの女優は堀北真希を挙げており、目標とする女優は同事務所の吉高由里子であるといいます。

デビュー後も大阪に在住しているが、仕事やレッスンは東京で行っています。

ムービー事件ってなに!?

清原果耶さんで検索すると必ずと言っていいほど登場するワードが「ムービー事件」。いったいどんな事件だったのでしょうか。

専属モデルを務める『nicola』の企画で、モデルの私物をプレゼントするという企画があったそうです。

その動画を清原果耶さんが撮影していましたが、その動画が問題だったのです。

インタビュー・撮影をしていた清原果耶さんが同じモデル仲間のうち「野々村美音さんだけをあからさまに無視して」撮影していたというのです。

また、さらに同じ場にいた鈴木美羽さんが野々村美音さんを紹介しようとしたところ強制的に撮影を終わらせてしまったのです。

一体二人の間に何があったのかはわかりませんが、何らかの確執があったのは確かです。

この動画だけでなく他の動画でも野々村さんを無視する動画があったといい、そこから「性格が悪いのではないか」と言われるようになってしまいました。

現在その動画は削除されているようです。

ちなみにこの野々村美音さんは、有名な芸能人である野々村真さんの娘だそうです!

 

まとめ

テレビ東京系のドラマには初出演という清原果耶さん。

どのようなドラマとなるのかが楽しみですね。ムービー事件の批判に負けず頑張ってほしいところです。