昨年引退した、女子マラソン2004年アテネオリンピック

金メダリストで日本記録保持者

野口みずきさん。

北京オリンピックでも金メダル確実と言われていました。

が!

直前になっての出場辞退。

他の2名のマラソン出場者も惨敗となる誰もが驚く結果になりました。

その直後、彼女に向けられたのはねぎらいの言葉とは真逆の、

大バッシング!

いたずら電話やメール

非国民!!!

とまでなじられたそうです。

スポンサードリンク

 

野口みずきさんのプロフィール

生年月日  1978年7月3日(39歳)

出身地   三重県伊勢市

身長    150センチ

体重    40キロ

血液型   O型

オリンピックマラソン金メダリスト

女子マラソン 日本記録 アジア記録の保持者でもあります。

高校に進学した頃から、頭角をあわらしていきます。

当時は3000mでインターハイに出場し、駅伝でも活躍しました。

そのころは、ハーフの女王とも呼ばれています。

 

憧れの人は高橋尚子さん(Qちゃんでお馴染み)

2000年7月の札幌国際ハーフマラソンで高橋尚子さんと競り合います。

その後、高橋さんはシドニーオリンピックで金メダリストに輝くのです。

その事実を目の当たりにした、野ぐちみずきさん。

高橋尚子なお子さんのように、オリンピックでの優勝を願うようになり、

実際に獲得してしまいました。

本当に人の影響力ってすごいですよね!

野口みずきは失踪!極秘で北海道!

野口みずきさんは、増田明美さんいわく、

マラソン選手としての練習量が世界一!だそうです。

アテネオリンピックの時の一日の練習量

1日40キロ以上でした!

それでもすごい距離ですよね。

野口さんはさらに、上を目指して行くのです。

北京オリンピックでも、金メダル獲得を目標としました。

1日40キロの練習量をさらに上回る、

1日45キロ!

月間1350キロにもなる距離をひたすら走り続けたのです。

しかも、酸素が薄い高地で行いました。

 

野口みずきさんは

「脚がこわれるまで、走り続けたい!!」

と頑張り続けた結果・・・

 

左脚太ももの肉離れ!

しかも北京オリンピックは開催中のマラソン競技の5日前でした。

野口みずきさんは出場辞退を思い悩みました。

もしかしたら、2日後にはケガが治って出場できるんじゃないか・・・

全国民の期待もありますが、

もしも出場していたら、金メダルは確実だったと

増田明美さんも言っていました。

 

その後、こともあろうか野口みずきさんへの

大バッシング

が始まるのです。

日本の功労者に向けられた

非国民!

という残忍な言葉にどれほど傷つけられたことでしょう。

 

ついに、いたたまれず失踪します。

行先は北海道でした!

潜伏生活は1ヶ月にも及んだそうです。

大自然に育まれて、心も回復していったのでしょうかね。。。

スポンサードリンク

 

結婚も極秘?

誰も想像も及ばないほどの、壮絶な経験をされた

野口みずきさん!

その後、運命の人と結ばれます。

お相手は、テレビ局にお勤めのイケメンだそうですよ。

ですが、オリンピック事件の影響で野口みずきさんが警戒したのか、

結婚したという話は極秘でした。

お相手のテレビ局内でも、部長クラス以上のごくわずかな人たちだけだったそうです。

社内報にも伏せるほど、本当に秘密裏に行われたんですって。

せっかく、おめでたいことなのに、おおやけに出来ないなんて淋しいですよね。

 

ラストラン憧れのQちゃんに見守られ涙!

野口みずきさんは、リオデジャネイロオリンピックを見据えた

「名古屋ウィメンズマラソン」に2016年出場しました!

結果は、2時間33分54秒で23位でした。

到底オリンピックに出られる記録ではなかったのです。

ですが、野口みずきさんは晴れ晴れとした気持ちになる事が出来ました!

それは、沿道からの大きな声援をたくさん受けたからです。

誹謗中傷ではなく、本当のねぎらいとあたたかな声援だったそうです。

 

そのラストランを見届けたもう一人は!

高橋尚子さん

「ずっと辛い時を見てたので…。ゴールを見てウルっときました」

レース後に、野口みずきさんは、憧れていたことや、高橋さんのおかげで今があることなど

初めて打ち明けたそうです。

2人で号泣したというエピソードでした!

 

これからの野口みずきさんはどのような人生を歩まれるのか

とても楽しみですね!

だんなさまといつまでもお幸せにとエールを送りたいです。

スポンサードリンク