5日午後11時ごろ、東京・羽田空港のC滑走路から離陸したニューヨーク行き日本航空(JAL)0006便(ボーイング777)の左翼エンジンから出火しました。

同機は羽田空港の管制に緊急事態を宣言しています。

同機は千葉県・房総半島沖の太平洋上空で1時間旋回して燃料を減らし、同午後の0時9分に同空港に緊急着陸しました。

JALによれば、同便には乗客233人と乗員15人の計248人が登場していましたが、けが人はいないそうです。

 

このトラブルの原因は、エンジンで鳥を吸い込んでしまったこと(バードストライク)が原因ですが、今回のこの記事ではそのバードストライクの対策や確率などをまとめていきます。

スポンサードリンク

 

 

バードストライクの対策や確率は?墜落の可能性も?

flyght

JALの説明では、同機には両翼に1基ずつエンジンがあり、離陸注意に左エンジンから炎が上がっているのを管制官が確認しました。

鳥がエンジンに巻き込まれる『バードストライク』の可能性が高いとみられています。

 

エンジンの1基にトラブルが発生しても飛行に支障はなく、同機は燃料を減らし機体を軽くして着陸時の乗員乗客の安全を確保するために、房総半島沖の上空を3回旋回した後、同空港に着陸しました。

 

今回の事故の原因とみられている『バードストライク』の対策法はどのようなものなのでしょうか。

飛行機ではジェットエンジンが主流の現在、エンジンの空気吸い込み口に吸い込まれるケースが非常に多いです。

エンジンに鳥が吸い込まれる中での飛行なんていうのも想像するだけで寒気がしますね、、、

日本はこのバードストライクの被害は毎年数億円にまでのぼると言われています。

 

航空会社は対策を練っているとのことですが、有効な対策が見つかっていないとのことです。

今の所は避けられないリスクとなっているようですね。

 

では、バードストライクの起こる確率はどれくらいあるのでしょう。

調べてみたところ、日本の空港ではおおよそ1日に3件の確率で起こっているようです。

意外にも結構高い確率です。

ただ単に期待に当たったという小さいものも含めて毎日バードストライクが起こる可能性はあるんですね。

スポンサードリンク

 

 

バードストライクで過去に飛行機の墜落事故があった!?

plane

バードストライクの被害は飛行機よりもヘリコプターの方が被害が多いみたいですね。

基本的には期待に鳥が衝突するのは大きな被害に繋がりませんが、プロペラに鳥が当たってしまうと事故につながってしまうことがあるみたいです。

 

過去にもアメリカのニューヨークで、バードストライクによって川に不時着した例があるようです。

なんと恐ろしい、、

しかし乗客側がいくら気をつけたところでしょうがないので、バードストライクに関してはあまり考え過ぎないのが良いのかもしれません。

スポンサードリンク