日本が誇る可愛すぎるプリンセス!

佳子さまもついに留学なさることが決まりました。

現在、国際基督教大学の3年生でいらっしゃいます。

交換留学プログラムを利用されての留学となりました。

リーズ大学パフォーマンス文化産業学科で

舞台芸術の歴史や理論、心理学も学ばれるそうですよ。

リーズ大とはいったいどのような大学なのでしょう?

今までの皇族の方々がどのような留学経験をお持ちなのか

調べてみました!

 

スポンサードリンク

佳子さまのプロフィール

続柄  秋篠宮文仁親王第二女子 (第125第天皇の孫)

身位  内親王

敬称  殿下

お印  ゆうな

出生  東京都千代田区 宮内庁病院

 

佳子さまが留学されるリーズ大学とはどんな大学?

英(イギリス)ウエスト・ヨークシャー州のリーズ市にある国立大学です。

33000人を超す学生が在籍しています。

英(イギリス)全土でも、有数の規模を誇る立派な大学です。

歴史は深く、1831年創立。

その頃日本は天保2年です。

まだ江戸幕府の時代ですね。

 

ランキングはどのくらい?

QS世界ランキング2015 → 87位

THE世界ランキング2015-2016 → 133位

国内ランキング2016 → 16位/127校中

研究力のある大学として知られているそうです。

リーズ大学ではどのようなことが学べるのでしょう?

人文科学

音楽・視覚芸術・舞台芸術(佳子さまが学ばれます)

生物科学

ビジネス・法学・社会科学

自然科学・地球・環境学

工学

数学・物理科学

医学・歯学・心理学・健康学(佳子さまは心理学専攻です)

 

学べる内容はとても幅広いですね!

それは、リーズ大学は世界各国からの留学生を受け入れているからなのです。

そのため、佳子さまはリーズ大学に決めた決め手は、

文化的に多様性があり、幅広い分野を履修できることだったそうです!

とても勉強熱心なのですね、さすが日本のプリンセス!

ちなみに、イギリスを留学先に選ばれることが多い皇室の方々ですが、

リーズ大学で学ばれるのは、皇室では初めてなのだとか。

学ぶことはもちろんですが、キャンパスはとても広くて、

図書館の蔵書数も豊富で自習スペースも多いそうです。

スポーツジムも備えられており、エアロビクスなどもプログラムを

受けることも可能だそうですよ。

フィギュアスケートを嗜まれる佳子さま!

きっとエアロビクスをしたら、とてもエレガントなんでしょうね~。

スポンサードリンク

 

皇族の方々の留学先はどこ?

佳子さまの伯父にあたる、皇太子徳仁親王殿下

イギリスのオックスフォード大学マートン・カレッジ

に留学なさっていたことがあります。

期間は1983年~1985年の2年間になります。

オックスフォード大学は、世界で3番目に古い大学です。

卒業生は、ノーベル賞受賞者もいらっしゃいます。

 

佳子さまのお父様でいらっしゃる、秋篠宮文仁親王殿下

皇太子さま同様、

1988年から2年間

オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジ大学院

動物学科で動物学を学ばれたそうですよ。

こちらの大学も設立は古く、1555年です。

ちなみに、日本は戦国時代です!

ノーベル賞受賞者も輩出している学校になります。

 

佳子さまのお姉さま、眞子内親王殿下

イギリスの2ヶ所の大学で学ばれています。

レスター大学大学院で、博物館学を専攻されています。

佳子さまも寮生活をなさるご予定ですが、

眞子さまも現地では寮生活を送られました。

そして、2ヶ所目は

エディンバラ大学です。

こちらの大学では美術史関係の科目を中心に勉学に励まれたそうです。

姉妹そろって、美術関係にご興味がおありなのですね!

 

イギリスに留学するなぜ?

それは、受け入れ国に王室があるからだそうですよ。

現地の政府に警護を任せるということになりますので、

王族とはどのような存在であるのかを知っている必要があります!

そうなってくると、一番留学先として選ばれそうな

アメリカは候補としてなくなってしまうのですね。

王国がある国は様々ありますが、

文化や、日本社会の人口、留学先が首都から遠いか等が考慮された結果、

結局イギリスを選ぶのは、実績があるからです。

日本の皇室と英国王室との、良好な関係も影響しているかもしれませんね!

記事は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク