現在放送されているドラマ『コード・ブルー』

コード・ブルー〜ドクターヘリ救急救命〜THE THIRD SEASONの第8話が4日に放送されました。

同僚や一緒に暮らす親友としてお互いに衝突しながらも、信頼を寄せている新垣結衣と戸田恵梨香の姿に多くの反響の声が寄せられているようです。

 

今回のこの記事では、ドラマコード・ブルーでは放送されない撮影秘話について紹介していきます。

スポンサードリンク

 

 

コード・ブルーの撮影秘話!新垣結衣と戸田恵梨香の間に衝突!?

code

第8話のあらすじを紹介します。

電車のホーム転落は事故だったと、灰谷(成田凌さん)は笑顔で復帰をしました。

しかし白石(新垣)は自殺未遂を疑い、その考えを巡り緋山(戸田)と衝突します。

そんな中、灰谷が診ていた患者が急変します。

藍沢(山下智久さん)は手が話せない中、灰谷は横峯(新木優子さん)、名取(有岡大貴さん)ら同期の協力で処置を施し、患者の容体も安定。

灰谷は成長をみせます。

 

これまでのエピソードと同様、同回も「色々深く考えるドラマ。もう少しで終わるのは寂しい」「今回はみんな本気で泣いている気がした」「色々大切なことが凝縮されていた、、良かった」と、考えさせられたとのコメントが寄せられています。

スポンサードリンク

 

一方、空港で倒れた男性の救命処置を行う際に、名取のミルで緋山が患者の血液に接触敷いてしまいます。

患者は死亡し伝染病の疑いで緋山は隔離病棟に映されるというエピソードも放送しました。

 

緋山への感染はなかったが、その結果を受けて名取が号泣するシーンがあり、

「もうまじ泣き。それだけ役に入り込んでるんだね。とにかく感動した」

「あそこまで号泣できるのはすごい」

「俳優有岡大貴がすごいなって思ってる」とその演技を絶賛する声も上がっています。

 

また隔離病棟では、緋山と白石が衝突しながらも、互いに胸の内を明かし、最後にはハグする仲直りする経緯も映し出されました。

戸田は病棟のシーンについて、地震のインスタグラムで「『やめて』からアドリブだったのだけど、普通に二人して泣いててさ。あ〜〜9年ってすごいな、仲間って最高だなって改めて思ったよ」と綴っています。

 

このエピソードには「白緋尊い、、、同棲おめでとうございます」「白緋コンビのハグ、緋山先生の顔、、可愛かった」「白緋大好きなみなさん、ここ観て搬送された人 or 殺されかけた人何人いますか?」と、新垣結衣さんと戸田恵梨香さんの関係に魅了された視聴者が数多くいたようです。

スポンサードリンク