試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)の現状について9月4日、頸髄(ずい)完全損傷で回復の見込みはないと診断されたことが発表され、プロレス業界に衝撃が走りました。

新日本プロレスは5日の名古屋大会から、高山義廣さんを支援する、募金活動を開始すると発表されました。

 

高山義廣さん頸椎完全損傷で回復の見込みなしと発表。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、プロレスラーの高山義廣さんが頸椎完全損傷で、首から下が全く動かない状態であることが報道されました。

高山さんは5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを掛けた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けたました。当初の診断名は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていましが、改めて頸髄完全損傷であると発表されました。

当初は意識はあるが、首から下の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況だったが、現在は自分で呼吸できるようになり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、8月中旬に関東の病院に転院。自分で呼吸のできる状況になったとのこと。ただ、肩から下の感覚が戻っておらず、お医者様からは「回復の見込みは現状ない」と言われている。その当時は本人も絶望を口にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、現在はリハビリを行っているそうです。

 

スポンサードリンク

高山義廣さんへの募金開始!支援を呼びかける。

 

プロレス団体「DDT」は4日、公式サイトで療養中の高山善廣(50)の病状と高山を応援する「TAKAYAMANIA」を設立。

各団体に呼びかけて試合会場に募金箱を設置、応援グッズ販売、高山プロデュースによるプロレス興行などを行うと発表しました。

また、募金の振込も呼びかけられました。

振込先は以下の通りです。

【銀行振込】東京三菱UFJ銀行代々木上原支店  (店番号)137  (口座番号)普通預金0057767  (口座名義)株式会社高山堂

【問い合わせ】takayamania.staff@gmail.com

 

活動の収益、振り込まれた募金はすべて高山の治療費に充てられるそうです。

5日の名古屋大会では、鈴木みのるの売店に募金箱が設置され、ファンが列を作りました。

 

スポンサードリンク

 

高山義廣さんへのエール。また、今後もプロレスへの見直しを訴える。

今回の高山さんの怪我を受けプロレス界から多くのエールが寄せられています。

 

小橋建太さん

リング上で試合ができなくてもプロレスラーはファンを勇気づける存在でなくてはならない。こんな状態で『頑張れ』と言われるのは酷だと分かっています。でもファン、ご家族のため、もう一度自分の力で立ち上がってほしい。高山選手ならそれができると思いますとコメントを発表。支援大会が実現すれば協力する意思を明かしました。

 

オカダ・カズチカさん

プロレス界が一つになるべきだと思います。僕は医者がダメだと言っても、何かできるんじゃないかと信じること(が大事)だと思う。みんなが信じないといけないと声を上げました。

 

蝶野正洋さん

高山君は、先輩から後輩から、業界で信頼のある選手。今も支援していこうという形が選手間の中で出てきましたので、是非回復をとコメント。また、プロレス界に今回の事故について問われると、使う側(団体)がそういうルールを作るしかないと思う。選手は多少のケガを押してでも、無理をしてでも、自分をアピールして出る。使う側が見極めて、規制を作らないと止めようがないと思うと話しました。

 

今回の事故で、プロレスファンだけではなく、多くの人が衝撃を受けました。

今や、世界でも注目され人気の高いプロレスですから、今回の事故は今後も大きな話題となっていくでしょう。

回復は絶望的と言われた、高山義廣さん。沢山の方が支援しています。奇跡を起こし、また元気な姿を見せてほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク