民進党の結党大会でも、ひときわ注目を集めていた新党のマドンナ、山尾志桜里(やまおしおり)議員。

異例のスピードで役職につきました。

9月1日に行われた民進党代表選では、前原氏が民進党の代表となり、民進党新体制での新幹事長は山尾志桜里議員と内定が決まっていたそうですが、急遽撤回されました。

その背景には、男性問題や不正受給についての噂があったからだそうです。

そんな山尾志桜里(やまおしおり)議員について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

民進党のマドンナ!?山尾志桜里(やまおしおり)議員

名前 山尾 志桜里(やまお しおり)

生年月日 1974年7月24日

大学 東京大学(法学部)

経歴

2002年 司法試験合格

2004年 警察官任官

2007年 退官

2009年 衆議院議員総選挙で民主党公認の愛知県7区より出馬し初当選

2017年 民進党の前原新体制で幹事長に内定したが取りやめとなる

 

2009年、民主党幹部だった小沢一郎氏に口説かれ、衆議院選に出馬。元々民主党の強かった愛知県で、見事初当選を果たし、「有権者の目線に立ってくれるし、演説もうまい」と地元での評判は上々だったそう。

山尾氏の夫は元ライブドアの幹部で、現在はIT企業を経営している。現在5歳になる子供を育てながら、政治活動を続けています。

民主党に大きな逆風が吹いた’12年の総選挙では惜しくも落選したが、その後、’14年には現職に返り咲きました。

彼女がマドンナと呼ばれる訳は、大学時代にモテモテだったことからのようです。

また、選挙に落選しても、持ち前の前向きさを武器に、選挙4時間後には駅に立ち、路上活動をしていたというエピソードも。

そして、異例のスピード出世!

そんな彼女の様子から、民進党のマドンナと呼ばれているようです。

 

スポンサードリンク

 

山尾志桜里(やまおしおり)議員が不倫!?お相手は?

 

民進党の山尾志桜里議員が、内定していた民進党幹事長ポストを突然撤回されました。

その原因として浮き上がったのが34歳の弁護士K氏との不倫疑惑です。

7日発売の「週刊文春」で「肉食ジャンヌダルク山尾志桜里」「年下イケメン弁護士とお泊まり愛か…」などの見出しで報じられています。

その不倫のお相手は、倉持 麟太郎(くらもち りんたろう) 弁護士だそです。

生年月日 1983年1月16日生まれ
出身 東京都渋谷区
学歴 慶応義塾大学法学部卒、中央大学法科大学院修了
職業 弁護士(第65期司法修習修了、2012年弁護士登録)
所属 弁護士法人Next

 

このスクープは各メディアで取り上げられています。

双方からのコメントは発表せれていませんが、真相はどうなんでしょうか。

今後何かしらの発表があるかと思いますがどんなコメントが発表されるのでしょうか。

気になります。

 

山尾志桜里(やまおしおり)議員、ガソリン代不正受給!?

 

地球5周分ものガソリン代を党支部の経費にしたと報じられ、また、別のアイテムにも異常な金額を出費していたことが発覚し釈明に追われたことが2016年4月にありました。

党支部の収支報告書を見たネット民が高額なコーヒー代に気づき、ネット掲示板を中心に話題となりました。

この収支報告書によると、平成24年11月~12月の2カ月間で18万8609円ものコーヒー代を計上し、オフィス用コーヒーの単価は一杯15~40円と言われているので、少なくても4700杯、多ければ1万2500杯ものコーヒーを飲んだ計算だと話題になりました。

今回この話題では、伊藤惇夫さんのコメントも話題に。

 

 

中川議員のハワイのビーチでの結婚式報道をはじめ、今井議員と橋本市議との不倫疑惑とスキャンダルが止まらない政界。

今回の山尾志桜里議員の真相はいかに。この話題はしばらく注目されそうですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク