9月11日放送の「人生が変わる一分間の深イイ話/しゃべくり007合体SP」に、アームレスリング選手・竹中絢音さんが登場します。

アームレスリングとは、日本でいうところの「腕相撲」に似た競技のことです。

アームレスリング選手ということで、その腕のたくましさは驚愕の一言です。

筆者の3倍はありそうです・・・。

 

今回はそんな竹中絢音さんのプロフィールや筋肉について、また2017年8月にあった「行方不明騒動」についてもまとめました。

スポンサードリンク

竹中絢音さんのプロフィール

名前:竹中絢音(本名)

生年月日:1999年6月29日

年齢:18歳(高校3年生)

血液型:B型

出身:岐阜県岐阜市

学歴:岐阜県立・岐阜北中学校→岐阜県立・岐阜農林学校

身長/体重:155cm/55kg

趣味:絵を描くこと

 

竹中さんがアームレスリングを始めたのは、なんと小学5年生のころからだといいます。

アームレスリング選手だった父・竹中健さんの影響でアームレスリングに興味を持ったとか。

中学校ではアームレスリングに励む傍ら陸上部に所属していたそうです。

砲丸投げをやっていたそうですが、実は足も速く50を7秒02で走ってしまうなどその運動能力の高さがみてとれます。

 

高校に進学した後は「日本人初のアームレスリングのプロになる!」と決意しトレーニングを続けています。

大会での実績も非常に優秀で、2014年全日本アームレスリング選手権女子55kg級~60kg級では

・ライトハンド優勝

・レフトハンド優勝

また、アジア選手権で優勝しています!

アジア選手権での優勝は最年少記録を更新したそうです。

 

2015年でも全日本アームレスリング選手権女子55kg級~60kg級に出場し、

・ライトハンド優勝

・レフトハンド優勝

という結果を残します。

さらに同年行われた世界アームレスリング選手権ジュニア(U-18)女子55kg級では

・ライトハンド優勝

・レフトハンド3位

となり、ついに世界の舞台で結果を残すようになります。

続く2016年では同じ世界大会で

・ライトハンド優勝

・レフトハンド優勝

を飾り、まさに世界王者、同年代に敵なしといった状況です。

スポンサードリンク

竹中さんの筋肉、握力がすごい!

まず竹中さんの腕をご覧ください。

とんでもない腕の太さですね!しかしアームレスリングという競技は握力や腕の筋肉だけで勝つことができるほど甘い競技ではなく、「全身の筋肉」を鍛えなくてはいけないといいます。

ですので、竹中さんの筋肉は背中側もすごいことに。

男性でもここまで筋肉がある人はかなり少ないのではないでしょうか。

並々ならぬトレーニングの成果ですね。

 

また竹中さんは、握力も非常に強いそう。

アームレスリングでも握力は重要な項目の一つで、強い方が基本的には有利に働きます。

竹中さんの握力は右で52kg、左で48kgだそうです!18歳の女性の握力の平均が26.7kgということを考えると、いかに強いかが分かります。ほぼ倍ですね・・・。

ちなみに男子の平均も18歳台だち41.93kg。男子でも勝てない強さです。

自宅の一室がトレーニング室に改装されており、数々のトレーニングをこなしているそう。学校に行ってもトレーニングは欠かさないそうです。

ayane

行方不明騒動

実は2017年8月11日から数日の間、家族が竹中さんと連絡が取れなくなってしまった時期がありました。

何か悩んでいたのか、思いつめていたのか・・・。「探さないでください」という置手紙を残していなくなってしまったそう。

しかし数日後ちゃんと家に戻ってきたそうです。

詳しくは語られていませんが、何かについて悩んでいて、考える時間が欲しかったのではないかと推察されています。

選手でも何でもない筆者でさえ、些細なことで家出まがいのことをよくしていたので、気持ちはわかる気がします・・・。

 

まとめ

アームレスリングのプロ選手を目指して頑張る竹内絢音さん。

毎日トレーニングを欠かさず打ち込む姿は普通に生きていては出せない輝きがありますね。

思春期ですからいろいろ考えることも多いとは思いますが、これからも活躍していってほしいですね。

スポンサードリンク