最近テレビでよく見かけるようになった青山テルマさん。昔はシンガーとして一世を風靡したことを覚えているでしょうか!?

telma

2014年ごろからは新曲などの発表もなく、いわゆる「消えた」状態となっていた青山さん。(追記:ニューアルバムが2017年9月6日にリリースされました!)

しかし2017年になってから、徐々にTVで見かけるようになってきました。

今回は復活しつつある青山さんの現在の様子、その毒舌っぷりをまとめました。

スポンサードリンク

青山テルマさんのプロフィール

名前:青山テルマ(本名:青山テルマじゅり)

生年月日:1987年10月27日(29歳)

血液型:B型

出身地:日本 奈良県・大和高田市

学歴:アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業、上智大学国際教養学部卒業

身長:161cm

 

青山テルマさんは、祖父が「トリニダード・トバゴ人」であり、日本人とトリニダード・トバゴ人のクォーターであるとのこと。

ちなみにトリニダード・トバゴはベネズエラにほど近い、南米に位置する国です。

青山さんは2007年に歌手としてデビューしましたが、そのルーツは幼少期にあるとのこと。

3歳のころジャネットジャクソンの曲にドはまりし、10歳からはゴスペルを習うように。

小学6年生までインターナショナルスクールに通い、家族そろってロサンゼルスに移住しました。

しかしアメリカでは日本人とのハーフであることから壮絶ないじめを受けていたと言います。

2002年夏に日本に一時帰国した際、音楽関係者から声を掛けられメジャーデビューを志すようになりました。

2007年に歌手:SoulJaのフィーチャリングゲストとして参加した「ここにいるよfeat.青山テルマ」がヒットし、知名度が急上昇。2008年にはSoulJaをフィーチャリングゲストとした「そばにいるね」をリリース、これがオリコン一位を獲得しました。

また同年に紅白歌合戦にも出場するなど大人気となりました。

telma

しかしその後の曲が振るわず、だんだんと一線から退いていった青山さん。

ネットではその理由が多くの人に考察されましたが、その理由として「典型的な一発屋だった」、「ルックスが日本向きではなかった」ということが挙げられていました。

スポンサードリンク

青山テルマさんの復活

一時期は競艇場でおじさんたちのヤジを受けながら曲を歌っていたこともあったという青山さんですが、ここ最近TVでの露出が急増。

かつてラブソングを歌っていたとは思えないほどの「毒舌っぷり」を披露しています。

最近ではお笑いコンビデニスの植野行雄さんとの熱愛報道について、「めっちゃいい奴なんですけど、男としてマジクソなんですよ」と言い切ったりしています。

今はそのキャラクターが非常に受けており、バラエティーでたびたび呼ばれるほど。

歯に衣着せぬ物言いが視聴者の関心を惹き付けているようです。

tel,ma

まとめ

一度は“消えた”青山テルマさん。しかし持ち前の強いメンタルや性格から今再評価され始めています。

このまま復活してくれたらうれしいですね!

 

スポンサードリンク