TVアニメ『BORUTO-NARUTO NEXT GENERETIONS』の2017年10月放送回から新たにエンディング曲を担当するアーティストが「メロフロート」に決定しました。

現在絶賛売り出し中の彼ら。いま関西で大注目のアーティストとなっているようですが、気になる彼らのwikiプロフィールや曲などをまとめました。

スポンサードリンク

メロフロートのプロフィール

メロフロートは、2012年11月29日に結成された男性の音楽グループで、ジャンルはJ-POPに位置します。

所属はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。所属アーティストは大人気ロックバンドSPYAIRや凛として時雨、さらに中島美嘉やJUJU、フジファブリックなど数々の有名アーティストが所属しています。

構成は1DJと2ボーカル(MC)でかつて人気を博したFANKY MONKY BABYSと同じような構成で、同級生3人で結成したそう。

グループの名前はメロディー、フロートを合わせて作られた造語で、日常の中でメロフロートの音楽が頭に浮かぶように、との想いを込めて付けられた名前だそうです。

メンバーのプロフィールはこちら。

・Yu-Ki(ボーカル/MC)

merofuro

生年月日:1993年2月26日生まれ

出身:兵庫県西宮市

血液型:B型

Yu-ki さんは、メロフロートのほとんどの楽曲での作詞を担当しています。

歌手になりたいと思ったきっかけは、「勉強嫌い」であったためであるといいます。また、歌が得意だったのと富と名声が欲しいからだったとも語っています。

他の同級生が大学を出て社会人になるであろう22歳までに結果を出せなければ音楽を辞めて働くと決めていたといいます。

また非常におしゃべり好きらしく、メンバーからは眠っているとき以外はずっとしゃべっていると言われています。変声期でも無理やり話しまくっていたために人とは異なった発生の仕方で声を出していると診断を受けたこともあるそう。

 

・KENT(ボーカル/MC)

kent

生年月日:1993年1月16日生まれ

出身:京都府

血液型:B型

KENTさんはメロフロートのリーダーを務めています。

音楽に興味を持ち始めたきっかけは幼稚園への送り迎えの車で流れていたドリカム(DREAMS COME TRUE)やラルカン(L’Arc~en~Ciel)を聴いていたことだといいます。

歌手になろうと思ったきっかけは今は亡き祖父の後押しであったそう。

また、18歳の時KENTさんと向き合い背中を押してくれた高校の時の担任を恩師と呼び今でも交流があるそう。

 

・DJ KAZUMA(DJ)

merofuro

生年月日:1993年1月18日

出身:京都府

血液型:AB型

DJ KAZUMAさんはDJとともにラップ部分の作詞を担当しています。

高校時代は野球に取り組んでおり、甲子園を目指していたといいます。

男4人兄弟の末っ子で、兄を尊敬しているとのこと。

メロフロート以外にもDJとして同じ事務所のアーティストのライブに出演することもあるそうです。

スポンサードリンク

メロフロートの活動、音楽性

メロフロートはポップでノリのいい曲と、前向きな歌詞で人気を博して

います。

路上ライブを主に活動しており、これまでメディアへの露出はないもののキャッチ―なメロディー・パフォーマンスが中高生に大人気となっているそう。

CDやライブチケットはすべて手売りで販売するというこだわりを持っています。

CMでのタイアップなども行っています。

気になる路上ライブはこちら!

まとめ

アニメのタイアップは非常に強力で、一気に人気が高まる可能性があります。

今後もメロフロートから目が離せませんね。

スポンサードリンク