9月11日の午後1時15分ごろに、JR山手線内回りの件だ駅付近を走行中の車内にあったバッグから白い煙が発生したとのニュースが入っています。

神田消防庁によると、けが人はなく、詳しい状況を調査しているとのことです。

 

また、この影響で山手線の内回りと京浜東北線の北行きが運転を見合わせていたが、いずれも運転を再開したとのことです。

煙が発生した隣の車両にいた乗客のコメントや、その煙の正体は一体なんだったのかなどを公開していきます。

スポンサードリンク

 

 

神田駅で謎の煙発生!その正体は?

yama

バッグから煙が上がる様子を撮影した男性会社員(22)は、バッグから発煙した当時、隣の車両に乗っていたそうです。

JR神田駅に到着する直前でした。

バッグがあった隣の車両から多くの乗客がなだれ込んできたといい、車内に悲鳴が響いたそうです。

幸いにもすぐに神田駅に到着を認め。「すぐに降りることがでぉ、すし詰め状態にはなりませんでした」とコメントをしています。

神田駅では、ホームにバッグが持ち出され、駅員が「危険なので近寄らないでください」と呼びかけて対処をしました。

煙生エタノールのような匂いだったといいます。

乗客らは

「怖かった」

「死ぬかと思った」

「サリンとかじゃないよね?」などと心配そうに消化活動を見守ったといいます。

「車両を見ると白い煙が充満しており、鼻をつくような匂いもしてこれはただ事ではないなと思いました」と会社員の男性は説明しています。

スポンサードリンク

 

 

神田駅での白煙の正体はなに?

hakuen

さて、その巻かれた白煙は一体なんの煙だったのでしょうか。

これに関しては現在消防庁が調査中とのことです。

ただ、乗客のコメントから、「エタノールのような匂いだった」というものがありますから、ただの煙ではないのかもしれません。

今のところ、身体の異変を訴える人はいないようですが、この気体を吸った人の体に異常が出ないことを祈るばかりです。

 

何としても機体の特定を急いでほしいところですね。

それがないとまず体への対処ができませんからね。

 

この記事では今回の神田駅の白煙騒動についてまとめました。

今後も最新情報が入り次第、この記事も更新していきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク