他人の臍帯血(臍帯血)を使った再生医療が無届けで行われ、医師ら6人が逮捕されました。

「再生医療とはおこがましい」といういうのは医学ジャーナリストの松井宏夫氏です。

「赤ちゃんのへその緒や胎盤から取れる臍帯血に含まれるぞ受ける幹細胞を移植することで白血病などに効果が認められています。が、がん治療や美容に使うと申請したところで通りません。無届けというより申請などできなかったのでしょう」とコメントをしています。

 

逮捕された6人のうち、移植に関わったのは京都健康クリニックの経営者の坪秀祐容疑者(60)と表参道首藤クリニックの医師・首藤紳介容疑者(40)の2人です。

「どちらも温熱療法ががんに効くと謳っていました。中でも首藤クリニックの水素風呂にはなくなった小林麻央さんもすがったと聞きます」と医療関係さは説明をしています。

 

さて、今回のこの記事ではこの騒動についてまとめていきます。

スポンサードリンク

 

 

坪秀祐と首藤紳介らが逮捕!?その理由は?

taiho

今回の逮捕は臍帯血だが、何れにしても藁にもすがる患者の思いを、仁術でなく商売にした人たちです。

発端は2009年、茨城県の民間バンクの破綻でした。

子供や家族が病気になった時のために臍帯血を有料で預かるのが民間バンクだが、破綻で1,500人ぶんが行き場を失いました。

「それが預け主でなく、債権者に渡り販売、転売されました。操作のきっかけは13年末に河内末期ガン女性が京都健康クリニックで受けた臍帯血移植。500蔓延も支払って4ヵ月後に死亡認め、遺族が警察に相談したようなのです」

 

この時はチッ検査れませんでしたが、愛媛・高知・茨城・京都の合同捜査本部は、臍帯血の販売会社・仲介会社・医師らをあぶりだしました。

しかし、臍帯血に詳しい東京都多摩総合医療センターの幸道秀樹医師は憤っているようです。

「12年には”民間バンクの破綻により臍帯血がや闇ルートに流れる危険”が国会で指摘されていました。厚労省が制度を整えておけば事件は防げたはずです。今やハゲに効くと頭に臍帯血を打たれた人もいるほどですよ」とコメントをしました。

スポンサードリンク

 

 

坪秀祐と首藤紳介はどんな犯行をした?

sinsuke

ではこの犯行に関わった一人の首藤紳介医師について書いていきます。

彼は年齢40歳。住まいは東京都品川区で出身大学は愛知医科大学です。

2002年に医師免許を取得して大学秒針などを経験したのちに、2010年に湯島清水坂クリニックに勤務しています。

2013年5月、薬に頼らない自由診断を専門とする『首藤クリニック』を開設します。

幸せを感じる瞬間は患者さんが笑顔になって帰っていく瞬間と、小さな時から医師を目指していた首藤紳介医師。

好きな言葉は、安保徹新潟大学名誉教授とともに、今は異端の免疫理論である自律神経免疫学を提唱し、臨床家として治療法の開発と普及に尽力した故・福田稔医師の「病は自律なき己の心の内にある。

スポンサードリンク