大相撲秋場所2日目の今日11日、平幕宇良(25)が平幕貴景勝(21)に突き倒され、土がつきました。

土俵際で粘った際、名古屋場所で痛めた右膝で踏ん張ることができずにそのまま倒れるかたちとなりました。

取組後は呼び出しと世話人の肩を借り、自力で歩けないまま、車いすで花道を引き揚げた。

 

宇良は名古屋場所で横綱日馬富士から初金星を挙げるなど活躍していましたが、右膝を痛めた10日目の大関高安戦からの5連敗が響き、7勝8敗で負け越しています。

夏巡業もすぐに離脱し、今場所に向けた稽古も明らかに不足していました。

NHKでテレビ解説を務めた舞の海秀平氏(49)は、宇良の取組について「倒れる前に膝の力が抜けている。膝の痛みで倒れた」と指摘しています。

名古屋場所で負ったけがについて「私たちが思っている以上の重傷だった」と心配し、「下半身の粘り柔らかさで勝負する。膝のけがは痛い」と強調していました。

 

おそらくなんらかの怪我をおったように思えますが、なんの怪我なのでしょうか。

この記事では、それ関して言及していこうと思います。

スポンサードリンク

 

 

高安が車椅子退場!?怪我が原因か

sumo

では彼はなんの怪我に見舞われてしまったのでしょう。

これに関してはまだ情報が公表されていないため、確かなものが見つかませんでした。

しかし今後テレビでも紹介させることでしょう。

その時を待つことにしましょう。

 

また、怪我の種類がわからないため、いつ復帰できるかもわかりません。

これもニュースなどで報道されるのを待つしかありませんね。

スポンサードリンク