女優・鳳恵弥(36)が主演、鈴木砂羽が初演出を手がける舞台「結婚の条件」の降板を発表したことで話題になっています。そんな彼女のプロフィールと、今回の降板の詳しい情報をまとめていきたいと思います。

大切なものを守る為に、まだまだ力足らずです。
力なき正義は無力
正義なき力は暴力

修行の日々です。https://t.co/II6R3rH378

— 鳳恵弥 (@ohtoriemi) 2017年9月11日


スポンサードリンク


 

鳳恵弥のプロフィール

名前: 鳳恵弥 (おおとり えみ)

血液型: A型

生年月日: 1981年1月4日

出身: 東京都

身長: 166cm

職業: 女優・モデル・タレント

来歴:

スカウトを経て舞台女優に。大学在学中に準ミスインターナショナルに選出されるなど、容姿端麗な彼女。以後は舞台、ドラマ、CM、レポーター等多岐に渡って活動。また、舞台・イベント等のプロデュースも行い、2008年にはひとり芝居を企画・制作・主演の経歴も。主な出演作品としてはラストシンデレラ・ダンナ様はFBIなどがある。

2009年からはインストラクター業も開始し、。自身も出場したミス・インターナショナル、ミス・ワールドの日本候補者指導を始め、演技指導、ウォーキング・ポージング等のモデル指導、ダイエット指導、社員指導、就活指導、幼児教育等などに活躍の幅を広げる。

取得資格は、詩吟奥伝(小学生時代に全国4位入賞)、表千家初棚点前、華道池ノ坊初段、NPO日本ウェルネスDIETカウンセラーなど、マルチな才能も持ち合わせた才色兼備な日本女性。

舞台作品は、その端麗な容姿とすらっとしたスタイルから、サイレントメビウスなどのアニメ的要素のあるものから、ビジュアル系なものなどが最近は多いようです。

どのような衣装をも着こなしていしまう36歳、圧倒的な美の持ち主ですね!

 

降板の事情

鈴木砂羽

 

このような発言を自身のブログで公開している鳳恵弥さん。一体何があったのでしょうか。

 

これは鳳恵弥や女優・牧野美千子(52)が出演する予定であった、脚本家の江頭美智留が主宰する「劇団クロックガールズ」が上演し、女優・鈴木砂羽(44)が自身として初演出した舞台「結婚の条件」での稽古の様子。

 

今回の「結婚の条件」が初めての演出作品となる鈴木砂羽でしたが、彼女のこのような非人道的な言動が稽古現場で数多くみられ、その状況に見切りをつけた鳳恵弥の事務所関係者が、鳳恵弥

を守るために今回の舞台の降板を決定したそうです。

具体的には、鳳恵弥の事務所関係者が稽古関連で謝罪を申し出たところ、土下座を強要したり、女優としては表ざたになってほしくはないであろう発言を出演者たちに発していたそうです。

 

 

鈴木砂羽は他にも去年11月中旬、「鈴木砂羽がドラマ撮影現場でブチ切れた」と女性誌で報じられたことを受け、

「やーうるさい!この餃子野郎!(中略)一言で言うと、『マジ、ない!』ですね」

と、自身のinstagramで怒りを露わにした鈴木。鈴木は撮影現場で、

「こんなダサい服、着てられない」

「いつまで待たせるんだよ。助監督呼んで来いよ!」

「ひっぱたくよこの野郎」

などの発言をしたと報道され、自身もその後の好感度に対する不安をあらわにした矢先の出来事でした。

スポンサードリンク


 

みんなの反応

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

鳳さんももちろんのこと、鈴木砂羽さんはバラエティでも有名な女優さんとだけあって、今回の出来事は世間から多くの注目を集めています。

 

今後のお二人の活動にどのような影響があるのか、引き続き目が離せません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク