平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに、”医療費控除の明細書”の添付が必要となりました。

医療費控除の明細書とは何なのでしょうか。

今回は制度改正の概要と医療費控除の明細書の詳細について説明します!

スポンサードリンク

制度改正の概要

今までは確定申告の際に、医療費控除を受ける為には、

医療費の領収書を提出しなければなりませんでした。

 

しかし、平成29年分の確定申告からは、領収書の提出の代わりに、

“医療費控除の明細書”の添付が必要となったのです。

 

今回の制度改正によって、医療費の領収書の提出は不要となったのですが、

ここで1点注意があります。

 

医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があるということです。

もし、税務署から医療費の領収書の提出を求められたときに、提示または提出しなくてはならないからです。

確定申告の際に提出しないからといって、捨ててしまわないように注意しなければなりませんね。

 

また、医療費控除の明細書ですが、医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、

明細の記入を省略することが出来ます。

医療費通知というのは、例えば健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などのことをいいます。

 

あと、平成29年分から31年分までの確定申告は、従来の領収書の添付または提示によるやり方によることも可能です。

 

医療費控除の明細書

医療費控除の明細書とは、どのような書類なのでしょうか。

出典:https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/iryoukoujyo_meisai.pdf

これが医療費控除の明細書です。

医療費の書き方ですが、

医療を受けた人、医療を受けた病院・薬局ごとに医療費を合計して記入します。

 

出典:https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/iryoukoujyo_meisai.pdf

医療費控除の明細書の記載例です。

ぜひこちらを参考にして記入してみてください。

スポンサードリンク

 

今回は以上です!

ありがとうございました。