本日14日、18歳の木幡育也騎手が検査の際に薬物が検出されたとして、騎乗停止処分になったことが明らかになっています。

 

先週9月10日の中山競馬のレースで騎乗した後に受けたドーピング検査により、木幡育也騎手の検体から対象薬物として指定されている利尿剤の『フロセミド』が検出されたことが判明しました。

日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号に該当することにより、9月14日から10月13日までの30日間の騎乗停止となりました。

スポンサードリンク

 

 

木幡育也騎手がドーピングで騎乗停止?薬物はフロセミド?

keiba

木幡育也騎手は以前、落馬の影響で出たむくみを取るために、利尿剤を服用した際には事前に申告をしていました。

しかし今回は木幡育也騎手自身が岸から処方された薬物ではなく、母親が用意したものを服用し、事前の申告も怠っていたようです。

JRAでの禁止薬物による騎乗停止は今回が2回目となります。

昨年2がつに、短期免許で来日していたルイス・コントレラス騎手から強い鎮痛効果があるオキシコドンが検出され30日間の騎乗停止と、5年間の短期免許交付停止の処分が出された以来となります。

 

今回のドーピング疑惑に関しては、おそらく木幡育也騎手は悪意があってやったことではないのでしょう。

しかしも少しの申請などを怠ってしまうだけで、大事なレースに出ることができないというのは勿体無いですよね、、、

スポンサードリンク

 

 

薬物のフロセミドってどんな薬?

hurosemido

では、今回木幡育也騎手が騎乗停止となった原因の薬物の『フロセミド』とはどんな薬物なのでしょう。

フロセミドはループ利尿薬という医薬品に分類される利尿剤です。

利尿剤の中では最も作用の強い薬で、むくみ解消に非常に高い効果を発揮するとのことです。

 

心臓や腎臓などの調子が悪い際に、体内に水分がたまりやすくなってしまうとのことですが、この状態をむくみというようです。

フロセミドが腎臓に作用をして、尿量を降らし、堅田に溜まった水分を取り除きます。

その結果血圧が下がり、体もスッキリ汁とのことです。

むくみとりとしては一般的な薬ですが、かなり強い利尿作用がありますので、睡眠前、お出かけ前、運転前などは注意して服用が必要です。

 

この薬を使っていた木幡育也騎手。

フロセミドはただの医薬品ということがわかりますが、決まりが決まりなのでしょうがないことですね。

今後、騎乗停止が終わった後に彼には活躍をしてほしいですね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク