2017年9月14日現在、秋田駒ヶ岳では火山性地震が増加しています。

気象庁が火山状況に関する情報を出して、注意をを呼びかけています。

kazan

画像出典:tenki.jp

 

秋田駒ヶ岳で噴火の予兆が?火山性自身が増加!

kazan

仙台管区気象台は、秋田駒ヶ岳で本日(14日)火山性地震が増加していると発表しました。

午前8時から正午までの4時間に129回の火山性地震を観測しています。

震源は男女岳(おなめだけ)の北西役1キロ付近の深さ約1〜2キロです。

 

14日午前8時から正午までの火山性地震の発生回数は以下の通りです。

14日    08時から09時 3回

09時から10時 42回

10時から11時 65回

11時から12時 19回

 

現在火山性微動は観測されていないそうです。

地殻変動にも変化は見られません。

また、東北地方整備局が設置している監視カメラによる安息では、本日14日、女岳(めだけ)で10mの高さの奮起を観測しています。

しかしこれまでと比較して特段の変化は見られないとのことです。

気象庁では明日15日火山機動観測班を現地に派遣し、調査を行う予定です。

地震活動が継続していますので、気象庁は今後の火山活動の状況の変化に注意してくださいとのことです。

スポンサードリンク

 

 

秋田駒ヶ岳で火山性地震!噴火の可能性が!?

kazan

9/8の震度5強をお記録した秋田県で今後心配となる火山の噴火。

現在も火山性地震が頻発し、噴火の可能性があるということで、噴火警戒レベル1に設定されています。

 

以前発生した御嶽山の噴火を例にとってみると、噴火の2習慣前には火山性地震が50回ほどにも頻発しているのです。

この火山性地震の回数が秋田駒ヶ岳のレイト当てはまるかどうかはわかりませんが、いつまた震度5強クラスの地震が来るかはわかりません。

それから火山性地震が多くなったり噴火警戒レベルが引き上げられるかどうかもわかりません。

 

御嶽山の前例もありますし、近くにお住いの方々は注意するようにしていただきたいところですね。

 

 

秋田駒ヶ岳の噴火警戒レベル1ってどれくらい?

ではその噴火警戒レベル1とはどれくらいなのでしょうか。

調べてみましたので、ここにまとめておきますね。

 

警報等:噴火予報

噴火活動の度合い:火山活動はほぼ静穏だが、火山灰を噴出するなど活動状態に変動があり、加工内では生命に危険が及ぶ可能性がある。

避難行動等の目安:加工内では立ち入りを規制する場合がある。

 

こちらが噴火警戒レベル1の時の状況とのことです。

スポンサードリンク