9月20日に放送される「THEカラオケ★バトルSP」にて、2017年NHKのど自慢のグランドチャンピオンを獲得した大場悠平さんが登場します。

元甲子園球児であったり、歌い始めて1年半でのど自慢グランドチャンピオンとなったりで注目されています。

今回はそんな大場さんについてまとめました!

スポンサードリンク

大場悠平さんのプロフィール

名前:大場悠平(おおば ゆうへい)

生年月日:1997年6月24日

出身地:北海道帯広市幕別町

学歴:白樺学園高等学校卒業

 

大場さんは、白樺学園高等学校では野球部に所属していたそう。

練習に精を出し、高校三年生の時には練習補助員として甲子園に行ったほど。

高校卒業後会社員となった大場さんですが、当時安藤歌謡学院(帯広)に通っていた兄・祥平さんの影響で歌を歌い始めたそう。

2015年の9月に歌を習い始めたといいます。

斉藤和美さんが指導する地元のミュージックスクール、「奏音ミュージックスクール」に通っています。

2015年10月には早くも道内カラオケナンバーワンを決める大会「カラオケアワーズ」にて上位入賞を果たしました。

翌年8月いはカラオケ世界一を決める日本大会決勝にも出場したそうで、このころから才能の片鱗が見え隠れしますね。

スポンサードリンク

NHKのど自慢チャンピオン大会2017に出場

2017年3月、全国各地の「のど自慢大会」で優勝した46組の中から、チャンピオン大会に14組が出場。大場さんは北海道代表の一人として出場しました。

この大会で歌った曲は、中島みゆきさんが作詞・作曲をし、清水翔太さんがカバーをした「化粧」という曲です。

実は大場さんは高校生の時、大親友を不慮の事故で亡くしたといいます。

長いも収穫のアルバイト中での出来事だったそうで、その友人とは休日カラオケに行ったりなどしていたとても親しい友人だったといいます。

大会では、歌詞に今は亡き友人を重ねて歌っていたそうです。

 

結果は見事優勝。全国トップの座を手にしました。その際にも家族やミュージックスクールの先生、そして亡き友に感謝の言葉を告げました。

 

大場さんの今後の活動

現在は会社員として働かれているということですが、一方で歌の活動もなさっているようです。

大場さんのTwitterを見ると、地元や地方でのイベントに出演するなどしているようですね。


メジャーデビューなどはなさっていないようですが、今までの輝かしい経歴から今後出てきてもおかしくはない人材だと言えますね。

スポンサードリンク