俳優の村野武範さんががんのステージ4であったことを打ち明け話題になっていますね。

村野武範さんは2015年に、中咽頭がんと宣告をされて、いっときはステージ4にまで達してしまっていたそうです。

ちなみにがんのステージ4はがんの進行度を表す度合いで。0~1まであります。

なのでステージ4はがんが最も進行してしまった状態です。

しかし治療の末、がんを克服し現在のところは再発などもないということです。

 

ネット上では村野武範さんががん出会ったことへの驚きと、ステージ4の中咽頭がんを克服していたことに称賛の声が上がっているそうです。

とはいえ一度ステージ4までいってしまうと、再発の可能性があるのではないかと心配してしまう人も多いのではないでしょうか。

今回のこの記事では、村野武範さんのがんのエピソードや再発の可能性などを言及していきましょう。

スポンサードリンク

 

村野武範中咽頭がん告白!再発の可能性は?

村野武範さんがかかってしまったのは中咽頭がんと呼ばれるものだったそうです。

ネット上ではがんを克服した村野武範さんへの賞賛と、彼への心配の声が上がっています。

 

調べてみたところ、ネットの声には以下のようなものがありました。

「村野武範さんの中咽頭がんって、結構重症だったの?ステージ4って結構やばいよね、余命の宣告とかあったのかな?再発が心配だkど、、、、今のところ大丈夫そうで安心してます」

「村野武範さんの中咽頭がん、、、あんまり聞いたことがないがんのの名前だけど、本当に再発とかないんですか?村野武範さんがとても好きなので心配しています、、、」

「村野武範さんの中咽頭がんを調べたら、種類が多くてびっくり、、、喉に違和感とか、えっこう感じるんだけど、神経質になりすぎ?」

「村野武範さんの中咽頭がんって結構わかりやすいがんみたいだね、、、食べ物飲み込む時に気がつきやすいってあったけど、ちょっとでも違和感感じたら病衣にこう、、、」

「村野武範さんの中咽頭がんを調べてみたら、いろいろ種類があるんだね、、、喫煙している人がかかりやすいってあったけど、、、怖いな、、、」

インターネットでも彼の今後を心配している人は多い印象を受けますね。

さて、彼がかかってしまった『中咽頭がん』とはどんなものなのでしょうか。

 

中咽頭がんとは

頭頸部(主として耳鼻中咽喉が診療する領域)にできたがんを頭頸がんと言いますが、中咽頭がんは頭頸がんに含まれます。

中咽頭がんの初期症状は、食物を飲み込む時の違和感、しみる感じなどです。

やがてどの痛みや飲み込みにくさ、しゃべりにくさなどが少しずつ強くなり、さらに新呼応すると耐えられない痛み、出血、開口障害など生命に危険を及ぼす症状が出現してきます。

 

村野武範さんがかかった中咽頭がんとはこんなもののようです。

さて、彼はステージ4までがんが進んでしまったとのことですが、余命宣告は受けなかったのでしょうか。

次はそれに関して書いていきます。

スポンサードリンク

 

 

村野武範の余命宣告!?再発の可能性は?

ちなみにがんのステージ4の5年生存率は42.9%ほどしかないようで、肺がんなどと比べると高いとはいえ怖いものですね。

しかし彼は治療が終わったとのことなので、余命の宣告は受けていないそうです。

また、再発の可能性の医者から示唆されてはいないようなので、今のところは安心して良いのでしょう。

スポンサードリンク