落語家の桂歌丸さん(81)が、肺炎のため22日まで入院していたことが明らかになりましたね。

このニュースは24日に判明しました。

同日、都内で行われた『芸協楽ご祭り』開会式のたと、報道陣に明かしました。

 

桂歌丸さんによれば、今月13日午前3ジゴロ、自宅で突然呼吸困難の状態になり、横浜市内の病院に搬送されたようです。

治療を受け症状は回復したものの、22日まで入院生活を余儀なくされていたとのことです。

彼も歳が歳ですので、今回のニュースで「まさか!?」と思った人も少なくないと思います。

 

さて、今回のこの記事では、そんな桂歌丸さんの肺炎のニュースを細かく分解して書いていきます。

スポンサードリンク

 

 

桂歌丸が肺炎で入院していた?詳細は?

どうやらインタビューによれば、「息ができなくなって、今回ばかりは死ぬかと思った」とコメントをしているそうです。

彼ももう81サイトなり、ファンの人々も本格的に彼のこれからに対しては心配になりますよね。

22日も車椅子での移動でしたが、「体力は回復しています」と復帰をアピールしました。

明日の25日のNHKでの打ち合わせや、東京内幸町での落語会に出演するなどして精力的に活動をされる予定です。

 

今回肺炎にかかってしまい、入院した期間は11日寛だったそうです。

今では1カ月に1回のペースで入院をしているとのことです。

スポンサードリンク

 

 

肺炎で桂歌丸の今後の活動に影響はでる?

さて、今回肺炎にかかってしまった桂歌丸さんですが、それによって今後の活動に影響は出てしまうのでしょうか。

肺炎は肺の病気で、喋るお仕事をする落語家の人に影響の及ぼしやすいのではないかという疑問も生まれますね。

そんな心配をしている人も少なくないのではないでしょうか。

 

ではその点について調査をしてみました。

しかし今のところ、肺炎に一度なってしまったからという理由で活動を中止にするイベントなどはないようですね。

これからまた何かの病気にかかってしまった場合は中止になってしまうことが十分考えられますが、肺炎から退院したのでこれから彼の精力的な活動をみていきたいところです。

なんにせよファンにとっては彼が肺炎で入院していたのはなかなか驚きのニュースでしたよね。

あとどれくらいの間、彼の落語を楽しむことができるのでしょうか。

今後も彼の活動を温かく見守っていきたいものですね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク