あさイチでまた新しい情報を発信してくれました!

それは、クミンというスパイスの一種に

新たな効能が発見されたとか。

その効能とは?

抗糖化作用が期待できるそうですよ。

抗糖化作用というのは、

体が、焦げ付き糖化してしまうということらしいです。

この現象が起きると、お肌の老化にもつながってしまうのだとか。

レシピについても紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

クミンとは?

クミンとは、スパイスの一種なのですが、

元々はエジプト原産になります。

セリ科の一年草から採ることが可能なものだそうです。

 

エジプトでは古代から医療目的で使用されていたとか。

料理のスパイスとしてはもちろん、美容や健康にも効果を発揮し、

おまじないにも使われるほど愛されているそうですよ。

 

現在では、世界中各地で料理に使用されるほどメジャーな香辛料に成長しています。

 

気になる特徴としては、

強い香りの他に、苦み辛味もあります。

この香りをかぐと、真っ先にカレーが食べたくなってしまうかもしれません。

それほど、インドではカレーを作る際はクミンは必要不可欠なスパイスとなっています。

 

クミンパウダーとクミンシードはどう違うの?

クミンシードとは、

クミンという植物の種子のことを指しています。

クミンパウダーはクミンシードのクミンを粉末状に加工した代物です。

クミンシードは、イメージとしてはローズマリーに似ている気がします。

香りづけのために、数個を油に入れて香りを移したりします。

クミンパウダーはハンバーグに混ぜたり使い勝手が良いです。

 

他にも似たような物がありましたね。

ニンニクスライスとガーリックパウダーと

いったところでしょうか。

スポンサードリンク

 

あさイチでも注目新たな効能とは?

もともと、クミンの効能としては、

食欲増進

消化促進

抗ガン作用

胃痛や腹痛

があることがわかっていました!

 

あさイチで注目していた新たな効能としては、

ダイエット効果!

老け肌対策!

でした。

 

先ほどお伝えした、糖化についてもう少し詳しくお話します。

糖化とは、体内にある、過剰な糖がタンパク質と結びつくことで、

体が焦げ付いてしまう現象。

これが進んでくると、恐ろしいことに

お肌の老化

認知症

骨粗鬆症

動脈硬化

が起こります。

 

糖化とはまさに、女性の敵ですね!!!

 

そして、この糖化を抑えてくれるのが

クミン!

クミンは、余計な糖の吸収を抑える働きや、たんぱく質との

結合も妨害してくれるそう!

クミンは救世主だったのです。

 

この抗糖化作用をもたらすための1日の摂取量は

クミンシード小さじ1杯以上!

パウダーでなく種子の方です。

 

毎日コツコツ続けることが大事だとか。

 

ダイエット効果としては、

クミンに含まれている植物コレステロールが

体内のコレステロール値や体脂肪を減少させる働きがあると近年わかったそうです。

 

インドではクミン入りドリンクジャルジーラなる飲み物があるそうです。

それはダイエット効果が見込まれる飲み物だとか。

作り方は簡単です!

 

材料

クミンパウダー ティースプーンの1/2杯

塩・コショウ少々

レモン汁1/2個分

水200ml

 

作り方

材料を全部入れて混ぜるだけ!

お好みで炭酸で割ってもおいしく頂けるとか。

 

気になる副作用は?

これだけの効能が見込まれるクミンですが、

忘れてならないのが副作用!

 

残念ながら副作用も持ち合わせています。

 

特に妊娠中や授乳中の方は摂取しない方が良いそうです。

妊娠初期などは、クミンの影響で胃痛や胃もたれを起こす可能性が

ありますので、注意が必要です。

食べられなくなると、大切な赤ちゃんに栄養が行き届かなくなってしまいますもんね。

 

その他の方でも、

セリ科の植物にアレルギーのある人

クミンの成分に含まれるものにアレルギーがある人

残念ながら摂取はやめた方が無難です。

 

スパイスアレルギーと言うのはあまり知られていませんが、

蕁麻疹や、喉のかゆみ、ひどい場合は呼吸困難を伴う場合があります。

アナフィラキシーショックが恐ろしいということは最近よく言われるように

なりましたので、ご存知の方も多いはず。

アレルギー症状は軽い場合はあまり問題視する必要はありません。

でも、少しでも異変を感じる事があればすぐに食べるのをやめた方が良いでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク