今年の夏は雨が多かったですね!

猛暑の夏も嫌ですが、涼しい夏は少しさみしい気がします。

でも暑さが苦手な方にとっては、過ごしやすかったかもしれませんね。

 

ところが、夏にダニが繁殖しやすい事をご存知でしたか?

もちろん年中ダニは発生しています。

ですが、夏に繁殖したダニは秋に死骸になったり、残したフンによって、

アレルギーを引き起こしやすいとされています。

今回は、秋に最適な大掃除についてメリット等をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

秋は大掃除に最適!

実は、私は子どもが産まれてから、9月ごろからちょくちょく

大掃除に取り掛かるようになりました。

大掃除と言えば、12月の年末にするというイメージが強いかと思います。

ですが、12月は師走というだけあって、とても忙しくあっと言う間に

年明けを迎えてしまいますよね。

ただでさえ忙しい主婦の皆さんは、普段から1年通してハードな生活を送られている事と思います。

12月の忙しい時期に、さらに労力のいる大掃除をするのは大変過ぎますよね?

過ごしやす季節としても、ダニ退治の面から言っても、秋に大掃除するのは最適ですよ!

 

秋に大掃除するとどんなメリットがあるのでしょう?

①夏に繁殖するのは、ダニだけでなく、カビや雑菌も増えます!

秋に掃除することによって、更なる繁殖を防ぐことが出来ます。

 

②真冬は寒くて窓もしめがちですが、秋の心地良い季節では、

窓を全開にして風通しを良くしながらお掃除が可能です。

心地よい季節なので、家の外窓関係も思いっきり掃除出来ます。

 

③まだまだ日差しが強い日もあるので、大量に大物のお洗濯も

出来ちゃいます。シーツや布団はもちろんですが、

普段やらないカーテンなどは、洗濯機から脱水した途端そのままカーテンレールへ

窓も空いているので、すぐ乾いちゃいますよ!

 

④気温が高い日などは、キッチン周りの油汚れを落とすのに最適です!

油汚れは気温が低ければ低いほど、落とすのにも苦労してしまいます。

⑤季節が良いので、動きやすいTシャツ1枚でもお掃除可能!効率アップします。

⑥夏にお世話になったエアコンのカビの繁殖を最小限のうちに抑えられます。

 

スポンサードリンク

年末大掃除の隠されたデメリットをご紹介!

真冬に普段なれない大掃除の作業をすると、

腰に大きな負担が!ぎっくり腰を起こしやすいこともありますよ。

年末年始はぎっくり腰のせいで、寝正月になんてことは避けたいですよね。

ぎっくり腰の原因として、疲れた胃腸が関係しているとも言われています。

確かに、年末年始は忘年会やクリスマス会、カウントダウンなど盛りだくさん!

胃腸も疲れますし、寒さで体の筋肉は固まりがちに・・・

ぎっくり腰の要件を十分に満たしていると言えるでしょう!

 

もしご自身で大掃除する時間が取れない方などは、プロに頼むのもお勧めの季節ですよ。

年末は業者も混みあいます。そのため、お値段も高くなりがちに!

秋の早割キャンペーンなども行っている業者も多いですから、お勧めかもしれません。

特に自分では手に負えない、キッチンの換気扇やエアコンなどの掃除を頼まれる方が増えているとか。

 

ダニ対策もでき一挙両得!

秋の大掃除について、もう一つ大事なことがあります。

それは、夏に繁殖したダニ!

ダニは秋になると死骸やフンを残しています。

夏場は、どうしても温度も湿度も高くなりがちに。

ダニだけでなく、カビ・バクテリア・雑菌・人の汗や老廃物等々

想像しただけでも恐ろしいものが繁殖しています!

そして、カビや雑菌は人から出た、汗や皮脂、食べかすまでも

餌にして繁殖を繰り返すそう・・・・

まさにエンドレスな繁殖が可能になっています。

そうなってくると、汚れがどんどん広がってきて、時間が経つほど落としにくくなるそうです。

まさに、雑菌の天下ですね!

 

そして、秋に咳が出たり、かゆみが発生する要因もダニが関係していることが多いのです。

やはりここまでくると、年末まで放置する意味が見いだせませんね。

早くやってしまうことに、もはやデメリットはありません

少しずつでも始められることをお勧めいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク