夏の終わりから、秋に入るころにかけて、

蜂の王者!スズメバチが大暴れするそう!

ほんの少し刺激を与えてしまっただけでも、

攻撃を仕掛けてくるとか!

 

これからは、山登りなどの行楽シーズン到来します。

気が付かぬうちにスズメバチの巣に触れてしまったりして、

刺されてしまうケースもあります。

 

スズメバチの活発化に至る過程や、駆除方法など

についてご紹介しようと思います。

 

秋のスズメバチが活発化する過程は?

皆さんもご存知の通り、数ある蜂の種類の中で、

最も危険性が高いと言われる

スズメバチ!

活動時期は春~秋にかけてだそうです。

 

まず、春の陽気に誘われて、女王バチは巣を作り始めます。

6月にもなると、働きバチが羽化してくるそう。

皆さんもスズメバチの巣を見たことがあると思いますが、

かなり巨大ですよね?

この巣の制作ですが、最初は女王バチがたった一人で作り始めるのだとか。

 

冬眠もする女王バチ。

冬眠に入る前に宿していた、女の子の働きバチを産みます。

その後も、女王バチは子孫繁栄のため一人で頑張っていくそうです。

 

そして、8月~9月にかけてますます、働きバチの数は増えます。

そして巣も巨大化していくそうです。

 

どうして活発になってしまうのでしょう?

秋にも入ると、働きバチの数はMAX状態!

繁殖期にも入る為、攻撃的になってくるのだそうです。

ちょうどこの時期の被害が増えるという仕組みが出来ているのです。

 

そして、繁殖期は常に巣の中ではみんながピリピリしているとか。

女王バチは働きバチの男の子を生み始めていくそう。

この頃の女王バチの目的とは、

新たな女王バチの誕生です!

 

因みにスズメバチの子供は虫を食べます!

働きバチがキレイな虫団子にして与えるのです。

 

大人のハチたちは何を食べるのかと言うと、

子どもの分泌する甘い液体!

甘いものが大好物なのです。

ですから、外にジュースなどを放置していると、

いつの間にか、スズメバチがたかっているなんてことに!

要注意です!

 

スズメバチ駆除の方法は?

とても危険なので、業者にお願いするのが一番良いのですが、

やむを得ない緊急の場合もあるかと思います。

 

その場合は、やはり殺虫剤は必ず用意してください。

攻撃性が高いので、殺虫剤が効いてくるまでに襲われる危険もあります。

殺虫剤をする前に、攻撃に備え完全防備をして臨むことをお忘れなく!

 

好ましい服装例

ハチ駆除専用の防護服がベスト

その他には地厚の雨がっぱが良いです。

帽子

手袋

もお忘れなく。

首、手首、足首も露出しないように

完全に覆いましょう!

 

着用する服は色も大切です。

NG色

黒、赤、黄色

は絶対やめましょう!

スズメバチを刺激する色となります。

 

駆除する時間帯は?

夕方~夜間が良いです。

懐中電灯を使用する際も注意が必要です。

そのまま懐中電灯をつけてしまうと、ハチを刺激してしまう事も!

対策としては、赤いセロハンを貼り付けて置くことです。

 

実際の駆除作業は?

①離れた位置から、スズメバチの巣全体的に殺虫剤を思いっきり噴霧します。

ハチが出てきてしまいますが、ひるんではいけません!

ひたすら巣に向けて1分ほど噴霧を続けましょう!

すると、巣の中でハチが動く音がしなくなってきますので、撤去作業を始めます。

 

②巣を撤去するときは、まだ動けるハチがいるかもしれません。

ですから、直接手で触らないようにしてください。

まずは、長い棒で巣を叩きつつ、広げていたゴミ袋に落として密封するのが良いです。

 

やはり、危険が伴う作業です。

実際に刺されてアナフィラキシーショックで亡くなる可能性もあります。

プロにお任せする方が無難です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!