本日9月30日より、東海道・山陽新幹線に「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」など、

交通系ICカードで乗れる「スマートEX」のサービスが始まりました。

スマートEXはネットで座席を予約可能で、発車直前まで何度も変更できるという便利なサービスです。

 

今回は、「スマートEX」について紹介します。

 

「スマートEX」とは?

スマートEXとはJR東海とJR西日本が運営する新しいチケットサービスのことです。

 

利用する際には会員登録が必要で、初回登録時にクレジットカードと交通系ICカードを登録します。

この登録するカードは今持っているカードをそのまま利用することが出来ます。

新しくカードを作らなくていいのが便利ですね。

また、年会費はかかりませんので、だれでも利用することが出来ます

 

登録に使用することのできる交通系ICカードは、全国相互利用対象の交通系電子マネーです。

具体的に例を挙げると、Suica,PASMO,TOICA,manaca,ICOCA,PiTaPa,SUGOCA,nimoca,はやかけんです。

 

またモバイルSuicaとApple PayのSuicaについてですが、

こちらでも「エクスプレス予約会員で登録しているモバイルSuicaとの重複登録は出来ません。」

との注意書きがあることから、エクスプレス予約会員で登録していないモバイルSuicaであれば、

スマートEXを利用することができると考えられます。

 

スマートEXに登録することのできるクレジットカードは、国際ブランドがVISA、MasterCard,JCB,アメックス、ダイナースクラブのカードです。

スマートEXで新幹線に乗る方法

会員登録したあとは、お持ちのスマホ・パソコン・タブレット等で、東海道・山陽新幹線の指定席を簡単な操作で予約できます。

乗車料金は、予約時に登録したクレジットカードで決済されます。

スマートEXの新幹線の料金は、駅での購入よりも200円ほど安くなっています。

 

スマートEXで予約・購入した後、新幹線の改札では、登録してある交通系ICカードをタッチするだけで改札を通過することが出来ます。

 

在来線との乗り換えも1枚のカードでスムーズに行うことができるので、

これまでたくさんの切符を改札に入れなくてはならなかったわずらわしさから解消されますね。

まとめ

今回スマートEXの導入で、新幹線に乗る際に大量に手に持たなければならなかった切符が、

1枚の交通系ICカードにまとめることが出来るようになりました。

いちいち切符を探す手間が省けるようになったのでいいですね。

私も今度利用してみようと思います。