日本テレビ系のバラエティー番組『得する人損する人』の企画で、オードリーの春日さんが東大受験に挑戦をするという企画が進行中です。

過去にもボディビルやフィンスイミング、レスリングなどの多くの挑戦を続けてきた彼ですが、受験元凶は約20年ぶりとなります。

最終学歴は日本大学の商学部ということですが、オードリー春日さんは現役時代から古文が得意だったとのことです。

先日受けたセンター模試では、国語は満点を取ることができるという国語力の持ち主だそうです。

 

しかし大の苦手科目が英語と数学という現状だったそうで、その2つは小・中学生レベルのドリルから始めたそうです。

 

今回のこの記事では、オードリー春日さんが挑戦中の東大受験についてまとめていきます。

スポンサードリンク

 

 

オードリー春日が東大受験に挑戦中!

kasuga

画像出典:http://natalie.mu/owarai/pp/suberanai

 

受験勉強を開始したのは今から約3か月前。

「さすがに今回の挑戦は難しいのでは、、、」という声も上がっています。

しかしそんな下馬評をよそに、オードリー春日さん自身は自信満々のようです。

彼は「偏差値35の生徒を現役で東大に合格させた」という実勢を持つうカリスマ講師の時田啓光さんも驚くほどの成長ぶりを見せているといいます。

一体なぜ彼はそんな一見無謀とも思える挑戦を続けているのでしょうか。

そこには彼の学生時代の経験が影響をしていたそうです。

スポンサードリンク

 

 

春日の美学は学生時代の経験が影響している!?

kasuga2

画像出典:https://quatrokoinuma.amebaownd.com/posts/51816

「春日は学生の頃から本気を出せば合格できると思っていました。でも当時は勉強に対して意味を見いだすことができず、、本気を出していなかったんです。日大系の附属高校だったので大学に上がるには内部進学試験で合格点を取ることができればよかったのですが、それがダメだったので一般受験に切り替えることとなりました。試験はより難しくなりましたが、結局合格をすることができました。勉強したのは機関でいうと3カ月くらいです。だから本気を出せばもっと上を目指すことができると思っていました」と彼は週刊誌のインタビューにコメントをしています。

 

高校時代からその『超人』っぷりを見せていたオードリー春日さん。

彼のその意思の硬さはかつての同級生で今の相方のオードリー若林さんをも驚かせるほどだったそうです。

一歩間違えれば死んでいた”殺人事件”レベルのことまで経験をしていたとのこと。

車に轢かれそうになったり、立ち漕ぎをしていた自転車から飛び降りたり。

そんなドン引きするほどの無茶な経験も笑って語るオードリー春日さん。

その当時の経験も今とつながっているのだそうです。

 

「春日には昔から”受ける美学”があるんですよ。たとえ何があっても、耐えることができます。今回の受験やエアロビ挑戦も同じです。無茶なことを言われても『そっちがその気なら、やったやろうじゃないの!』と思ってしまう。決して楽ではないのです、できたら逆に面白いでしょう?だから言われたことは、全部やってみようと思います」

彼はこう語りました。

スポンサードリンク

 

 

オードリー春日の東大合格の見込みは?偏差値はどれくらい?

さて、最後にこれについてですが、現在東大に受かる確率はどれくらいなのでしょう。

東大受験をするということで、模試も受けていることと思いますが、偏差値もどれくらいなのか気になりますよね。

 

そう思ったので調べてみましたが、どうやらこれに関しての情報はまだ公開をされていないようです。

まだ思うような模試結果を得ることができていないのかもしれませんね。

 

でも春日さんが本当に東京大学に合格したら、、なんて想像するとワクワクしますよね。

そう思えるためにも、これから勉強の方も頑張ってもらいたいですね!

 

今回の記事は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク