米フロリダ州ウェストパームビーチ郊外の自宅で1990年、息子やその友人と食事をしていた女性がピエロの格好をした人物に殺害された事件で、同州パームビーチ軍の保安官事務所は30日までに、殺害現場から約1300キロ離れたバージニア州アビンドンで容疑者の女を逮捕したと明らかにしました。

シーラ・キーン容疑者(54)は殺害された女性の夫と事件の12年後に結婚をしていました。

26日に逮捕をされ、殺人罪で訴訟されています。

パームビーチ軍の検察当局によれば、検察は容疑者がフロリダ州に戻り次第、死刑を求刑することを明らかにしているとのことです。

 

さて、今回のこの記事では殺人ピエロの正体である犯人についてまとめていきます。

 

 

殺人ピエロの犯人が逮捕!正体はシーラキーン容疑者!?

si-ra

まず初めに殺人ピエロの事件についての詳細を紹介します。

 

事件では、1990年5月26日、女性の自宅敷地内の道路に白い車が進入します。

当局によると、ピエロの格好をして風船を2つと花を持つ人物は車から現れたそうです。

女性が玄関で応対をしたところ、ピエロは贈り物を手渡したといいます。

ピエロはこの後、銃を取り出して女性の顔面に発砲し、車に戻って静かに去っていったそうです。

顔面を打たれた女性は2日語に病院で死亡しました。

捜査当局は当時、容疑者を特定はしていたものの、有罪に持ち込むのに十分な証拠がないとしていました。

 

長年にわたり事件の突破口をひらけない状況が続いていましたが、どう保安官事務所の未解決事件担当班は、2014年に捜査を再開しました。

目撃者に改めて事情徴収を行なったほか、1990年当時は利用できなかったDNA技術を使って証拠を調べたそうです。

 

また、シーラキーン容疑者が殺害された女性の夫と2002年に結婚をしていたことも発覚しました。

バージニア州ワシントン軍の保安官によれば、容疑者が逮捕された際、2人は一緒に車に乗っていました。

フロリダ捜査当局は、夫は訴追されていないものの、引き続き調べを進める方針だとしています。

 

 

殺人ピエロの正体はシーラキーン!彼女の詳細は?

最初の捜査時にも2人は男女の関係にあるとの噂がされていました。

しかし当時2人はそれを否定していたようです。

捜査員らは今回の逮捕にあたり、事件当時に容疑者の自宅近くの小売店で風船や花が購入されていたことを突き止めていると言及しました。

ただ捜査が進行中のため、DNA鑑定で補強された証拠を含め詳細を明らかにしていません。

そのため、容疑者のシーラキーン氏についても情報はまだ公開されていないとのことです。

 

今回の記事は以上となります。

新しい情報が公開され次第、この記事も更新をしていく予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。