平成仮面ライダーシリーズ19作目となる「仮面ライダービルド」の制作発表会が2日、都内で行われ、主人公・桐生戦兎(きりゅうせんと)/仮面ライダービルド役を、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得した犬飼貴丈さんが務めることが発表されあした。

犬飼貴丈さんは「ジュノンボーイ、そして仮面ライダーの先輩方が築いた偉大な歴史をしっかりつないでいかなければいけないと思っています」と気を引き締めているようです。

スポンサードリンク

 

犬飼貴丈が新仮面ライダーに!

inu

これまでも「仮面ライダー」シリーズから羽ばたき多くの俳優たちがスターダムに駆け上がっていったが、印象に残っているライダーについて、2006年に水嶋ヒロが主人公を務めた「仮面ライダーカブト」を挙げた犬飼貴丈さん。

その理由を「小学生のときに夢中で観ていたのですが、水嶋さんが演じる天道さんが格好よくて、自分もああなりたいと思っていたんです」と語ると「僕が演じる桐生は物理学者でクールな存在かと思ったのですが、台本を読んでいると、怒ったり悲しんだり人間くさい部分もあるので、視聴者の方に愛される人物になるようにがんばりたいです」と意気込みを語っていました。

スポンサードリンク

 

この日は、万丈龍我(ばんじょうりゅうが)役の赤楚衛二さん、石動美空(いするぎみそら)役の高田夏帆さん、内海成彰(うつみなりあき)役の越智友己さん、滝川紗羽(たきがわさわ)役の滝裕可里さん、氷室幻徳(ひむろげんとく)役の水上剣星さん、石動惣一(いするぎそういち)役の前川泰之さんも会見に出席しています。

ヒロイン・美空を演じる高田さんは、情報番組「王様のブランチ」のリポーターとしても知られています。

高田は「出演が決まって過去のDVDなどを見ているのですが、ヒロインの女の子がみんなとても可愛いんです。わたしもオンリーワンのヒロインになれるようにがんばります」と意気込んでいました。

本作は、火星で発見された謎の箱を開けたことにより、日本列島が3つに分断され、スマッシュと呼ばれる未確認生命体が出現することによって起こる人類の危機を、物理学者の桐生戦兎や、元格闘家の万丈龍我らが救おうと奮闘する姿を描きます。

スポンサードリンク