2018年1/31(水)に放送された『緊急!公開大捜索’18春』では、記憶喪失で2014年夏、栄養失調と脱水で保護された20大青年を公開操作した様子が放送されました。

 

行方不明と言っても「事件性がある失踪」と「自発的な失踪」の2種類に分けることができます。

世の中には「事件性がある失踪」と考えられる場合でも、捜索は警察に任せているので、「テレビには出たくない! 」という家族も多いのが現状です。

 

しかし、テレビ出演すると全国から情報提供が来るので、行方不明者(家族出演の場合は家族)の顔・実名を全国に晒すので生放送中であっても時間内で探しやすいという利点はあります。

家族にとっては「一刻も早く見つかってほしい」という思いがあるでしょうから。テレビの公開番組は有効な操作方法をいうことができるでしょう。

 

1/31は、母国語も失った外国人です。

2014年夏、栄養失調&脱水で保護された20代青年の公開捜査しました。

20代青年の耳を疑う衝撃の記憶「17年間見知らぬオジさんに軟禁されていました」という和田竜人さん記憶喪失は事件なのかナゾ大追跡するので、その概要をまとめていきましょう。

 

 

日本の行方不明の操作はどのような仕組み?

一般的に「家出人捜索願」を提出することで捜査が行われると考えられ、警察は、捜索願を提出すると「一般家出人」と「特異家出人」に分類されます。

「一般家出人」とは、民事に関する家出人のことを指し、成人が自らの意思で家出したり、借金などの夜逃げなどのケースでは捜査は行われない。

「特異家出人」とは幼児、病人、老人など「自分の意思で失踪することが考えられない」者や「事故に巻き込まれた」可能性のある者、 または、「誘拐などの事件に関わり」のありそうな者や、「遺書や日頃の言動から自○の可能性」が考えられる者を指し、このような状況の場合にのみ、 専任の捜査担当者が配置され、大規模な捜索活動や公開捜査が行われます。

つまり、人命にかかわる恐れがある場合だけ、警察では捜索活動をします。

記憶喪失者が「事前にそのような行動が見られなかった」場合、「捜索願い」が出ていたとしても、警察は捜索していていないのが現状だ。しかも全生活史健忘の記憶障害では、家族に連絡したくても出来ない現状です。

家出人を発見したときは、捜索願い届出の有無に関係なく、個別の法律に基づいて必要な保護が行われ、家出人捜索願い届出が出ていても、「保護することができる要件に該当しない」ときは、家出人本人の意思に反してまでは保護してくれることはありません。

 

さて、ここまで行方不明について触れてきましたが、このようなツイートがありました。

実際のところはどうなのでしょうか。

調べたところ、関係する情報は出てきませんでした。

これに関しては情報がまだないということになります。

 

今後は真実が暴かれるかもしれないので、情報を待ちましょう。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

これは良い記事だった
これはダメな記事だった