1月14日に、イランのタンカーが奄美大島の西300kmで沈没し、過去最悪ともいえる大量の軽質原油コンデンセートが流出したとみられています。

流出したコンデンセートが日本沿岸に流れてくるという英国の研究機関の予測がSNS上で拡散し、ネット上では多くの不安の声が上がっています。

中国交通運輸省などによると、タンカー「SANCHI」(8万5000トン)はイランの海運会社の所有で軽質原油「コンデンセート」14万トンをイランから韓国に運んでいた。6日夜に長江河口沖300キロで中国の貨物船と衝突。炎上しながら日本に向かって漂流し、14日に奄美大島(鹿児島県)の西約300キロの地点で火勢が強くなり、沈没した。乗組員のイラン人とバングラデシュ人32人のうち、3人は遺体で発見され、残りも生存は絶望視されている。

出典:毎日新聞

 

この事故については、全国紙ではほとんど情報がありません。

この記事では、石油船衝突による人間への影響について取り扱っていきましょう。

 

 

影響は短期的

今回流出したのは、コンデンセートと呼ばれる揮発性のオイルです。

コンデンセートは水よりも軽いために海水表面に浮きます。

コンデンセートは重油などと異なり、水中で集積して油膜をつくりらないので、海の表面で拡散しながら、大気に蒸発していくことになります。

コンデンセートは希釈されながら、数週間から数ヶ月ほどで分解されます。

本州に到着する頃には、蒸発、希釈、分解が進んで、密度は低くなっていると予想されます。

海洋微生物・毒物学者である、Louisiana State University のRalph Portier氏は、「今回の事故は、短期的な毒性が最大の関心事となる最初の石油流出(This may be one of the first spills where short-term toxicity is of most concern.)」と述べています。

 

ただ、これほど大量のコンデンセートが海洋に放出されたことはないので、その正確な影響については誰も分かりません。

コンデンセートが海鳥やプランクトンなどに毒性を持つので、短期的には何らかの影響はあるでしょう。

ただ、長期的・大規模な影響については、余り心配しなくても良さそうです。

 

 

どこに流れるかは不確実

流出した石油がどこに流れるかについて、専門家の間では見解が分かれているようです。

下の画像がSNSで拡散されています。

英国の国立海洋研究所による予測です。

http://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/CHINA-SHIPPING-SPILL/010060NC166/index.htmlhttp://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/CHINA-SHIPPING-SPILL/010060NC166/index.html

英国のグループは、黒潮にのって日本沿岸に到達すると予測しています。

それに対して、中国の研究グループが同様の解析をしたところ、日本沿岸には全く行かないという予測が得られています。

モデルの設定を変えれば結果が大きく変わっています。

それは不確実性が大きく、予測が困難だからです。

今回の事故では、流出した石油の詳細な成分がわかっていないため、挙動を予測しきれない部分も大きいようです。

 

 

濃度によって影響が大きく変わる

今回の事故は流出量は多いのですが、日本列島から距離がある上に、揮発性のコンデンセートが一月以上海水中にとどまる確率は低いため、本州沿岸まで到達するころには濃度は相当低くなっている考えられています。

東日本大震災では、流出重油の量が46000KLを超えたと試算されています。

 

流出量は、今回の事故の半分以下なのですが、海岸付近から高濃度のまま流出したことを考えると、今回の事故の比ではないインパクトが三陸沿岸部ではあったはずです。

東日本大震災の時に海が死んでしまったかというと、そうではありません。

先に示した海流の図を見て、原発事故の後にSNS等で盛んに拡散されたシミュレーションの図を思い浮かべた方も多いでしょう。

実際に福島原発の放射性物質は太平洋を横断して米国にも達しましたが、米国での影響は軽微でした。汚染物質が流れて来るか来ないかではなく、問題は濃度です。

 

 

「放射能 海」のGoogle画像検索結果のスクリーンショット
「放射能 海」のGoogle画像検索結果のスクリーンショット

以上の情報を整理すると、今回の事故の影響は短期的・局所的だろうと考えられます。

「日本の海は終わった」というような終末的な事態になることはないでしょう。

 

一方で、「コンデンセートは揮発性なので影響がない」というわけではありません。

これだけ大規模なコンデンセートが流出しているので、短期的・局所的な影響はあります。

ただ、これほど大量にコンデンセートが流出した前例がないので、専門家にも何が起こるかよく分からないのです。