国民栄誉賞受賞を本日2月13日に政府より授与されたとして、将棋界史上初である「永世7冠」を達成した羽生善治さん(47)、

囲碁で初の7冠独占を2度達成した井山裕太さん(28)らがニュースになっております。

安倍晋三首相から、賞状や記念品などがお二人へ贈呈されました。今回の賞を受けて、こんなコメントを残しております。

 

羽生、井山は式典後、都内で会見。羽生は「大きな励みとして、前向きに進んでいかなければならないという決意を感じた」と述べ、井山は「身に余る光栄。実感はまだ湧かないが、賞を機に少しでも成長していきたい」と感想を述べた。

 

国民栄誉賞はさぞかし名誉な賞だろうと、名称からして容易に想像できますが、

筆者は一つ疑問が浮かんできました。

 

国民栄誉賞ってなんぞや・・・?どんな人に贈られて、どんな基準で受賞するのだろうか。

受賞する人たちが少ないのもあり、あまり露見しない「国民栄誉賞」について改めてまとめてみました。

 

 

国民栄誉賞ってなに?

広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者または団体の栄誉をたたえるため、内閣総理大臣が授与する賞。昭和52年(1977)創設。第1回受賞者は王貞治

出典:コトバンク(デジタル大辞泉の解説より抜粋)

 

第一回目の受賞者は王貞治さんというのは有名な話で、その影響もあり、受賞するのはスポーツ選手のイメージが強かったのですが、

上記引用分の条件を満たしており、政府で認められればスポーツだけではないことがわかります。

今回についても、将棋と囲碁。・・・頭脳のスポーツといってしまえばスポーツになりますが。

年齢、国籍、活動分野は問わす、随時開催されているとのこと。

とにかく国民から愛されて、それでいて成績も良い人や団体に与えられるようですね。

 

主な受賞者

おもな国民栄誉賞受賞者

氏名(受賞年) 表彰理由
王貞治(1977年) 通算ホームラン数世界新記録達成
植村直己(1984年) 世界五大陸最高峰登頂など
美空ひばり(1989年) 歌謡曲を通じて国民に夢と希望を与えた
千代の富士(1989年) 相撲界への著しい貢献
黒澤明(1998年) 不朽の名作によって国民に深い感動を与え、世界の映画史に輝かしい足跡を残した
高橋尚子(2000年) シドニーオリンピックで陸上競技日本女子選手初の金メダルを獲得
長嶋茂雄(2013年) 野球史上に功績と貢献、国民に深い感動と社会に明るい夢と希望を与えた

これまでの最年少受賞者(個人)は、山下泰裕さんで、受賞時27歳でした。没後受賞も多く、美空ひばりさん、渥美清さん、森繁久彌さんなど12名にのぼります。

出典:Money Mottoブログ

↓内閣府公式サイトより

国民栄誉受賞者一覧

 

上記の表を見てお分かりの通り、分野は限られておりません。

没後に受賞というのは、こちら側も本人も生前に受賞させてよという印象をうけますね。

ですが、亡くなっても尚、評価されるというのは非常に名誉あることだと感じます。

また、受賞すると記念品または、金一封(100万円相当)が贈られるとのことで、

女子プロレスの吉田沙保里選手は、「ミキモトの金真珠ネックレス」を希望されておりました。

 

 

どうやったら受賞できるの?

国民栄誉賞
国民栄誉賞表彰規程(昭和52年8月30日 内閣総理大臣決定)
1 目的
この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。

2 表彰者
内閣総理大臣

3 表彰の対象
内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるものに対して行う。

4 表彰の方法
表彰は、国民栄誉賞を授与して行う。
国民栄誉賞は、表彰状及び盾とする。
表彰に当たっては、記念品又は金一封を添えることができる。

5 表彰の時期
表彰は、随時行う。

6 表彰の事務
表彰に関する事務は、内閣府大臣官房において行う。

国民栄誉賞表彰規程実施要領(昭和52年8月30日 総理府総務長官決定)

国民栄誉賞表彰規程(昭和52年8月30日内閣総理大臣決定)による表彰は、次の要領により行う。
1.内閣総理大臣が表彰を行おうとするときは、候補者について、民間有識者の意見を聞くものとする。
2.表彰状及び盾の様式は、別紙のとおりとする。

出典:内閣府公式サイト

上記は内閣府公式サイトへ掲載されている、授与基準なのですが、

内閣総理大臣が提案して授与するかどうかを政府で判断するため、内閣総理大臣の意向で決定されるようですね。

国民から敬愛されているかどうかの判断を総理が感じ取り、提案するというのもなかなかユニークな話です。

国民から定期的に、「今、だれが日本のために希望と勇気を与える素晴らしい行動をしてますか?」とアンケート調査を行って、

投票数の多かった人物が受賞・・・というのは難しい話なのでしょう。

 

受賞者の殆どが、スポーツ選手や競技者、歌手などの有名人でありますが、

一般人が受賞する可能性はあるのでしょうか?

受賞基準を見たところからして、それはまず「ありえないでしょう」

当たり前の話になりますが、総理と国民から存在を知られている人が受賞候補として挙がるので、

露見していなければ、受賞候補としての可能性にも浮上してこないと思います。

どうしても受賞したい人は、まずは有名になるような実績を作るところからが重要ですね。

遠い未来では、ユーチューバーなどが受賞したりするのでしょうか・・・。

 

補足ですが、イチロー選手は二度授与候補に挙がりましたが、

プロとして活躍し続ける間は、モチベーションを上げていきたいので、

授与されるのなら引退後が良いと、国民栄誉賞を断っていたそうです。

このような話はあまり聞かないので、筆者も驚いております。

イチロー選手のプロ意識には感服です。

 

随時行われている「国民栄誉賞授与」。

国民としても、ぜひこの名誉ある賞に受賞する人物が増えて欲しいですね。

もはや受賞してもおかしくない素晴らしい人たちはたくさんいるので、

安倍総理どうぞよろしくお願いしますと筆者は期待しております(笑)

そして羽生さん、井山さん本当におめでとうございます。