こんにちは。

 

今回の記事では、2018年に発売が期待されるiphone X plusについて噂や情報をまとめてみました。

 

あくまで噂やリークされたと思われる情報をまとめたものなので、正確な情報はappleのカンファレンスを待つしかありません。

 

信憑性は高くはないということをご理解いただいた上で、読み進めていただけたらと思います。

 

スポンサードリンク

 

iPhoneX Plusの発売日は?

 

iphone X plusの発売日は、2018年下旬だと予測されていますが、
appleが2018年3月になにかしらの新製品の発表をするという噂もあります。

 

主にMacbook air、ipad、apple watchなど噂されていますが、iphoneも新製品の発表がある可能性は大いにあります。

 

しかし、2017年はiphone誕生10周年だからiphone Xが発売されたという経歴だったハズですが、
2018年を迎え、iphone誕生11年目を突入しもはや10周年関係ないじゃん・・・と私は思ってしまいましたが、
これからもappleはiphone Xのアップグレード版を出す方向性なのではと噂されています。

 

確かにiphone Xは本体に無駄のない洗礼されたデザインなので、もしかしたらiphone Xがこれからのスマホのスタンダードになるのかもしれません。

 

今後が楽しみです。

スポンサードリンク

 

iphone X Plusのサイズは6.5インチ?

 

気になるiphone X plusのスペックですが、画面の大きさが6.5インチになるのではと噂されています。

 

6.5インチともなるとほぼタブレットで、中にはポケットに収まらない人もいらっしゃると思います。

 

Amazonのkindle fireが7インチなので、あれを一回り小さくしたサイズ、
もしくは現行品のiphoneXを一回り大きくしたサイズがiphone Xのサイズになると思います。

 

動画やゲームを大画面で楽しめると考えると、確かに大画面のほうが良いですが、携帯する、SNSやメールをすると考えると、一長一短かもしれません。

 

私はスマホで文字入力する時はキーボード入力にしてるので、親指で文字を入力しようとすると誤入力など起こるので、画面が大きければ助かります。

 

しかし、ズボンによってはポケットにiphoneが入らないことも起こりうると思うので、携帯性には欠けるかもしれません。

 

あなたがiphoneに何を望むかで、iphone X plusのコンセプトに賛同できるか否か決まると思います。

 

個人的に6.5インチの画面は嬉しいですが、それ相応の値段設定になると予測されます。

 

また、端末を地面に落として画面にヒビが入った時の金銭的なダメージも大きいと思うので、管理には十分注意です。

スポンサードリンク

 

iphone X plusはデュアルSIM対応でカラーは3色?

 

iphone X plusはデュアルSIM対応という噂もあります。

 

デュアルSIMとは、一つの端末に2つのSIMカードを差せることです。

つまり、プライベート用のSIMと仕事用のSIMを、今までは端末を分けて使用する必要があったのが、一つの端末で完結することが出来るというものです。

 

この機能が使えることにより、上記で紹介したプライベート用と仕事用を一緒に使えるというのももちろんですが、
通話し放題の格安SIMとパケットし放題の格安SIMを使い、通話もパケットも使い放題の端末を持つこともできるのです。

 

海外メーカーのAndroidではこの機能はスタンダードになりつつありますが、iphoneは今まで搭載されていませんでした。

 

これからiphoneに機能が増えて、より利便性の高いスマホとして市場に出ると、スマホ業界が大きく変化すると思うので今後の動向が楽しみです。

 

また、カラーバリエーションも、3色から選べるのではないかとの噂があります。

 

もしかしたら黒、シルバー、ゴールドの3色かもしれませんが、色が選べるというのは一つのメリットですよね。

 

やはり値段は気になるところですが、マニアからの支持はとても熱いので、発売されたとしたら人気が出ること間違いなしだと思います。

スポンサードリンク

 

まとめ

 

iphoneX plusが発売された前提で物事を書いてしまいましたが、appleは新製品の情報をあえてリークさせてファンに期待感をあおり、期待値が高まったところで商品を販売する「プロダクトローンチ」という手法を使っている可能性が高いので、これからも何かの情報がじわじわとリークされるかもしれません。

 

今後のリーク情報がどのようなものになるのか、楽しみです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。