最近Twitterで話題になっている、【ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-】

筆者もつい最近気になって調べたのですが、前代未聞の声優×ラップバトルという大プロジェクトなんだとか!

ラップに詳しくない筆者は、イケメンキャラにホイホイされ、試しに視聴してみたところ・・・。

あまりの本格さに度肝を抜かれました!!いや、声優さんってホント凄いなw

こちらから視聴できます↓

また、世界観の設定もとても面白いです。

公式サイトに詳しく乗っているのですが、筆者の独断でまとめさせていただくと、

武器や兵器での争いが無くなった時代に、武器の代わりに【言葉】で争いを繰り広げる男たちの熱い物語。

そこに、ラップバトルという設定が生きてくるということなんですね。

では、ラップバトルとはなんでしょうか。

よく耳にしますが、素人目から見ていても全くわかりません。

ルールなどを詳しく紹介します。

スポンサードリンク

ヒプノシスマイクの本骨頂ラップバトルって?

ラップバトル=MCバトルともいわれ、いわゆる口喧嘩です。

DJがかける音楽とリズムに合わせて、【即興】で対戦相手と交互にラップをしていきます。

起源は、1970年代後半までさかのぼり、アメリカ東海岸のヒップホップシーンから発祥したと諸説で言われているそうです。

日本でもラップバトルは比較的頻繁に行われているようで、主に【クラブ】【イベント会場】で開催されます。

いうなれば、パーリーピーポーと言われる部類の方々が足を運ばれる場所でたびたび見受けられるようですね!

これを考えると、サブカル文化であるヒプノシスマイクは、サブカル系の人とパーリーピーポー系の人の交流を深めるきっかけになり得るという事ですね!

(完全に筆者の偏見)

この世界において、異色の文化交流があるのは実に素晴らしいことです。

生み出されるものも、いろんな人の感覚や感性でたくさん生まれることでしょう。

話が脱線しましたが、次にルールや勝敗についてです。

ラップバトルのルールと勝敗って?

いかにオーディエンス(観客)と審査員を引き込むかで勝敗が左右されます。

明確なルールはないですし、何をしたら負けなのか、勝ちなのか、明確には決まっていないんだとか。

いかに、自分のスタイルに引き込んでいくかがセンスを問われるバトルなんです。

しかも、その場の音楽にその場で考えたラップを披露するので、相当頭の回転を要されことでしょう。

 

通称、いいラップと言われるように、立派なラップとして認められるには、用語がいくつかあります。

 

① リリック(lyric)

英語でリリックは、歌詞という意味です。

即興とはいえ、ラップは立派な【歌】です。

歌詞がいかに視聴者の心に響くのか、ぐっとくるのか、クールなのか、これはラッパーのセンスが要求されるでしょう。

 

② ライム(rhym)

ライムは、韻(イン)を踏むという意味です。

韻を踏むとはどういうことかというと、日本語で言う母音(a i u e o (n))を単語でそろえるという事です。

例えば、「江ヶ崎えがさき(e a a i)手羽先てばさき(e a a i)食ってるNOW」のように、単語の母音を揃えます。

このライムを踏めていないと、ラップとは認められないそうです。

韻の踏み方は、全部そろえるほかに、末尾をそろえる方法もあります。

例で言いますと、「フレン・マインするのがマインのトレン

ちょっと野蛮な歌詞ですが、こういった踏み方もできるのでここもセンスの見せどころです。

韻踏みが長いとそれだけ難しくなるので、長くきれいなライムは周りを圧巻させることでしょう。

 

③ フロウ(Flow)

フロウは歌い方、メロディー、歌いまわし意味を指します。

メロディーラインが不規則なラップは、慣れていないと恐ろしいほど下手くそに聞こえます。

(カラオケで盛り上がって、オレンジレンジ挑戦して失敗した、ジャニーズ系に突如登場するラップに困惑etr)

しかも単調でも聞き手が飽きますし、ただでさえ早い口調のラップは、【どこが魅せどころの部分なのか】をはっきりさせないと、モヤっとした印象になる気がします。

音の高低差に加え、スピード、テンポの取り方、すべてがフロウの中に詰まってます。

どんなにリリックとライムがよくても、フロウがしっかりしていないと、テンポに乗れません。

スポンサードリンク

何で新宿・池袋・渋谷・横浜なの?

色々調べてみたのですが、それらしい決定打はありませんでした。

クラブの多い、新宿・渋谷はもちろんなのですが、恐らくこれは制作サイドのビジネス戦略ではないかと考えてます。

何かイベントをやる際に、やはりこの地域はとても強いですからね!

地域性に密着したイベントも本当に素晴らしいと思います。

それぞれのキャラクターが、自らの地域愛やその地域で通ずるネタ、また自身の職業をネタにするなど、ラップの歌詞としてなかなか面白いです。

余談ですが、関西のラッパーは関西らしくとても面白い韻を踏むのだとか。

現段階では、この4区域だけですが、設定を拡大していけば他の地域のラップチームも増えていくことも期待できそうですね!!

個人的には、24区外でもキャラクターを作ってもらいたいですね。

自分が産まれた土地のチームが出来たら、やっぱり応援したくなりますし、むしろ地域あるあるネタを提供してラップに盛り込んでもらいたいものです。

ヒプノシスマイクから目が離せない!

今後さらに拡大していくであろうヒプノシスマイク!

コミカライズ化も決定し、ホールを使ってでのラップバトルも実現、この次はゲーム化・アプリ化、メディア化。

魅力的かつ、地域性、町おこしなど様々な可能性を秘めたこの素晴らしいコンテンツが広がっていくのがたのしみです!

筆者の独断と偏見たくさんありありでしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク