9月に入り暑さも和らぎ、秋らしい陽気の日が増えてきました。
皆さんは秋と言えば何が思いつきますか?
食欲の秋、読書の秋、運動の秋・・・
その中で大きなイベントの一つに『紅葉狩り』があるのではないでしょうか。
しかし、行ってみたら全然紅葉してない。
なんてことがないように、地域ごとに予想されている紅葉時期をしっかり確認して出かけましょう。

スポンサードリンク

地域ごとの紅葉狩りの見頃を大胆予想!

【北海道】
平年よりも遅い予想です。
10月中旬から11月中旬ごろまでが見頃になるようです。

【東北】
八幡平など標高が高い山だけではなく、平野部でも紅葉の見ごろは平年よりも遅くなる予想です。
しかし、霞ヶ城公園など例年見ごろが遅い名所では平年並みの見ごろを迎えるようです。
東北地方へ紅葉を見に出かける際は10月頭から後半に計画しましょう。

【関東】
関東北部での山では平年並みで、平野部では遅い予想がされています。
谷川岳では10月頭から、養老渓谷では12月頭頃と見頃が地域によって開きがあるため、行く場所の紅葉時期をしっかりと調べて出かけることをお勧めします。

【中部】
山の紅葉は平年よりも遅めで、平野部は平年並み。
愛知の香嵐渓や東海の名所、甲信、北陸の平野部では平年並みの時期が見頃のようです。

【近畿】
今年の紅葉の注目は近畿地方!
鮮やかな紅葉に期待ができるようです!
見頃は平年並み。高野山などの標高の高い地域では10月の終わり頃から、平野部では11月中旬から見頃を迎えます。

【中国】
各地とも平年並みの見頃を迎えるようです。
大山では10月下旬から、宮島では11月中旬頃から見頃と予想されています。

【四国】
気温も見頃も平年並みです。
標高の高い山は10月中旬頃から見頃も迎え、平野部では11月中旬に見頃だそうです。

【九州】
雲仙では10月の終わりごろから見頃に!
平野部では11月中旬頃が見頃と予想されています。

スポンサードリンク

紅葉を見に行くときの注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉をに見行く際には必ず動きやすい服装で行きましょう!
デートだから、可愛い服装で・・・なんてもっての外!気持ちはわかりますが、紅葉を見る時には徒歩で回る名所がほとんどです。また、歩きにくい場所も存在します。
紅葉狩りの間だけでもスニーカーに履き替えるなど、歩きやすい靴で行きましょう。
また、秋は気温が激しい季節でもあります。上着を持っていくなどの寒さ対策も忘れずに!

紅葉の名所では必ずルールがあります。綺麗だからと言って勝手に枝を折って持って帰ってきたり、入ってはいけない場所に入っての写真撮影等、マナーはしっかりと守りましょう。
紅葉を見ながらお弁当を食べるなんて方もいるかもしれませんが、出したゴミは各自できちんと持ち帰り、名所を汚す・・・なんてことがないようにしましょうね。

スポンサードリンク

最後に

西日本では豪雨災害などで、道路の通行止めが発生しているとこが存在しています。北海道でも地震の影響で紅葉狩りが開催されない場所があるかもしれません。
行く前には必ずその場所その場所の交通情報などをしっかりチェックしてくださいね!
秋の楽しみの一つである紅葉狩り。
ルールを守って楽しく出かけてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^