大坂なおみ選手の東レパンパシフィックの試合が開催されている東京都立川。

東京都内といえども、郊外での開催ということで、立川市民ですら驚きを隠せずにいます。

 

連日テレビでも立川の街はこんな街と報じる中、

朝の番組「とくだね」にコメンテーターとして出演する古市憲寿氏がまたまた失言しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:ライブドアニュース – livedoor

そして多摩モノレールのなおみ号とはいったい何のことなのか…

お伝えしていきたいと思います。

 

大坂なおみ選手が出場の東レパンパシフィックとは

今回快勝を続けている大坂なおみ選手。

とても頼もしい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:auスマートパス – au Webポータル

 

テニスの試合を今まで観たことがあまりないという方は、東レパンパシフィックとは

一体なんの大会なのか?

とお思いかもしれませんね。

 

東レパンパシフィックは、世界のトッププレーヤーが集う

日本国内では最高峰の国際女子テニス大会です。

世界ランクも左右される大きな大会の一つ。

 

優勝賞金は13万7125ドル(約1534万円)

と少し安い気もしますが、お金ではない価値があるようです。

 

因みに全米オープンの優勝賞金は4億2千万

やはり、少し差が開き過ぎのような気もしてしまいます。

 

1984年にスタートして以来、今年で35回目を迎えています。

開催期間9月15日~23日(日)

 

第25回の2008年度大会から有明コロシアムで開催していたのですが、改装工事を行っている

関係上、今回はアリーナ立川立飛へ移しての開催だったとか。

アリーナ立飛は、出来立てほやほやで、2017年10月オープンしたばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:立川は Ecoutezbien えくてびあん

 

 

古市憲寿氏が立川について失言!市民炎上

現在盛り上がりを見せる、立川。

連日報道でも取りあつかわれる中、古市憲寿氏がコメンテーターとして

出演している「とくだね」でまさかの発言をしました。

 

「アメリカのすごい大会で1位を取ったのは分かるんですけど、

なんでそんなすごい人が立川なんかで(試合を)やらないといけないんですか?」

「今回の大会って意味があるんですか?」

引用:BIGLOBEニュース

 

これに対し、解説者沢松氏は、世界ランクを決める大会が、日本でも2大会設けられている。

今回のみ特別に立川での開催だとさらっと説明しそのまま番組は進行しました。

 

ところが、この番組を観ていた視聴者は古市憲寿氏の発言に反応!

《立川なんかでって非常に不適切な発言ではないですかね》

《「立川なんかで」なんて、立川市民は大激怒ですな》

《立川をバカにしないでください》

《失礼なコメンテーターだね。 なんかいつも嫌な感じ》

引用:BIGLOBEニュース

 

と批判を浴びてしまいました。

 

大坂なおみ選手が多摩モノレールジャック?なおみ号とは

東京の多摩センターという地域から立川方面に伸びている多摩モノレール。

今回の東レパンパシフィックは立川立飛での開催です。

 

大坂なおみフィーバーということもあり、多摩モノレール内の中吊り広告が

大坂なおみ選手一色になっているということです。

 

この多摩モノレールはイベントが好きなようで、ワイン列車やビール列車なども

開催することで知られています。

興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

詳しくは→多摩モノレールイベント

大坂なおみ選手、母と祖父の驚愕過去…大坂鉄夫氏の頑固一徹発覚!