スズメバチは秋に活発化することをご存知でしょうか?

ちょうど危険な季節到来ということで、

教えてもらう前と後でもスズメバチ対策を特集します。

 

2018年のスズメバチは猛暑のせいで攻撃的になっていると言われています。

そして、最も危険な季節と言われるのが秋なのです。

 

スズメバチの種類は?

スズメバチと一括りに言いますが、実は種類があります。

その種類によっても危険度が違ってきますので、ご紹介します。

 

スズメバチ属

オオスズメバチ

キイロスズメバチ

コガタスズメバチ

モンスズメバチ

ヒメスズメバチ

チャイロスズメバチ

ツマグロスズメバチ

ツマアカスズメバチ

 

クロスズメバチ属

クロスズメバチ

シダクロスズメバチ

ツヤクロスズメバチ

キオビクロスズメバチ

ヤドリツズメバチ

 

ホオナガスズメバチ属

キオビホオナガスズメバチ

シロオビホオナガスズメバチ

ニッポンホオナガスズメバチ

ヤドリホオナガスズメバチ

 

日本には3属17種類ものスズメバチが生息しているんです。

こんなに見分けるのは大変ですよね。

実は、住宅近くに生息している種類はスズメバチ属の7種類がほとんどです。

その中で危険度が高いものをいくつか紹介します。

 

 

スズメバチ属7種類の特徴と見分け方は?

 

オオスズメバチ

画像出典:アマナイメージズ

 

 

 

 

 

 

 

このオオスズメバチは世界最強で、世界最大級のスズメバチで危険度も最強です。

性格も非常に凶暴!

虫の世界でも最強の捕食者として恐れられています。

 

女王蜂 40~45mm

働き蜂 30~40mm

 

活動時期 5月~11月ごろ

 

特徴

体がとにかく大きい

縄張り意識が強い

非常に攻撃的

最も毒性が強い

非常に危険と言える蜂

 

巣の場所 閉鎖空間 倒木の空洞・樹木の根本・地中

巣の特徴 外壁に覆われてそこはむき出しです。

ただ、人の目につきにくい場所に作られるのでさらに危険と言えます。

 

キイロスズメバチ

 

 

 

 

 

 

画像出典:ピクスタ

 

スズメバチの中では小さいサイズです。

キイロスズメバチという名前の通り、全体的にキイロなので目立ちます。

可愛らしい容姿とは裏腹に、凶暴です。

実はオオスズメバチよりも事故率は高いので侮れません。

 

女王蜂 25~28mm

働き蜂 17~24mm

 

活動時期 5月~11月ごろ

 

特徴   非常に攻撃的

他の蜂に比べてキイロ感が強い

都会でよく目撃される

 

巣の場所 様々なところに作る

一定数を超すと引っ越しする習性あり

 

巣の特徴 初期は閉鎖空間に作る

数が増えると開放空間へ引っ越し(引っ越さない時もある)

巣は大きなボール型

 

 

コガタスズメバチ

 

 

 

 

 

 

画像出典:アマナイメージズ

 

小型と言うだけあって、オオスズメバチにとてもよく似ているので、判別が難しいです。

都会や住宅街に生息しています。

 

女王蜂 25mm~30mm

働き蜂 22mm~28mm

 

活動時期 5月~11月ごろ

 

特徴   攻撃性はあまりない

住宅街によくいる

オオスズメバチとの判別方法は顔・腹部を確認する

体は小さい

 

巣の場所 開放空間 木の枝 軒下 物置など

巣の特徴 女王が初期に作る時はとっくり型である

徐々に働き蜂が小型のボール型にしていく

 

これらがよく見かけられるスズメバチでした。

 

 

実は、2012年に対馬で外来種が発見されています。

とても攻撃性が高く、執拗に攻撃されることもありますのでご紹介します。

 

ツマアカスズメバチ

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:九州大学農学部

 

女王蜂 30mm

働き蜂 20mm

 

活動時期 4月~12月ごろ

特徴   全体的に黒色

腹部の先端が赤みのあるオレンジ色

非常に攻撃的

しつこく追いかけて攻撃してくる

 

巣の場所 地中 木の茂み 数m以上の樹木の高い位置

巣の特徴 初期は地中や茂みなどの低い位置

大きくなると樹木の高い位置に巣を作る

高層ビル・高層マンションもターゲットになる

 

いかがでしょうか。

スズメバチと言っても実に様々な特徴があるものですね。

 

スズメバチの対策は?

 

まずは、巣を作らせないことが大切になります。

ペットボトルに

お酒 300ml

お酢 100ml

砂糖 120g

 

女王蜂おびき寄せ駆除ボトルが効果を発揮。

 

ペットボトルは蓋をして、蜂が入れるくらいの穴を複数開けます。

 

そして、巣を作りそうな場所にぶら下げるのです。

すると女王蜂が捕獲できるというしくみ。

 

残念ながら設置するのは6月末までにしておくので、来年からの対策ですね。

 

ハイキングに行かれる方も、注意が必要です。

紅葉などで山に足を踏み入れたりする方が増える季節です。

 

服装にも注意が必要と言えます。

 

長袖の白っぽい服を着る

黒色は熊だと思い、スズメバチは攻撃的になります。

帽子必須

首にタオルを巻く

香水は厳禁!

 

万一追いかけられてしまったら…

 

首と頭を守りつつ、走って逃げます。

熊に遭遇した時ようにゆっくり後ずさりなんてしてる場合ではありません。

 

走りながら急に低い姿勢をとったり、方向を変えると攻撃が弱まることもあります。

蜂の習性で、急に視界から消えると追わなくなるということがあるからです。

 

最後に蜂の飛ぶ速度は意外と速いものです。

時速20キロから40キロもあります。

 

わかりやすく例えると、100メートルを15秒で走る速度は

時速24キロです。

 

なかなか厳しいものがありますね。

なるべく刺激しないという事がもっとも大切な対策と言えるでしょう。