福地啓介くん、まだ生まれてこの方11年の少年ですが

この度、世界的な快挙を成し遂げ驚きの声が上がっています。

 

朝の情報番組、とくだねでも、福地啓介くんの快挙を報じていました。

いかにして、福地くんはオセロの世界王者となったのでしょうか?

気になる素顔迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

福地啓介くん、オセロ世界一に輝く!歴代最年少の快挙とは

 

 

 

 

 

 

画像出典:IRORIO(イロリオ)

 

福地啓介くんが今回挑んだ大会は、

 

第42回世界オセロ選手権です。

 

この大会は世界24の国や地域、8歳から68歳の82名が参加。

オセロ選手の人口は世界で約4万から5万人。

福地啓介君は、その頂点に立っているということになります。

 

しかも福地君はまだ11歳で初出場。

11歳での優勝は歴代最年少記録となりました。

 

気になる優勝賞金は…

 

5000ドル(約56万円)

 

少し可愛らしい金額ですが、福地啓介くんにとっては大金ですよね。

 

福地啓介くんは、まず、準決勝で日本人選手を破ります。

 

次は決勝。

 

決勝相手はタイの選手でした。

 

このオセロ世界大会は3日間も戦います。

オセロ界の重鎮、中島哲也八段も過酷な戦いと言わしめるほどの大会。

 

そこをわずか11歳の少年が制覇することの凄さは計り知れません。

 

福地啓介君は、優勝後のインタビューで誰に喜びを伝えたいかを聞かれると、

 

「世界中の人に伝えたいです」

とにっこり笑いました!

スポンサードリンク

 

福地啓介くんは天才的に冷静な性格!中島哲也八段も驚きを隠せない

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:Othello! JAPAN

 

福地啓介くんは、オセロ界の重鎮も舌を巻くほどの冷静さを

持った人物だそう。

 

それは、小学校1年生で参加した2014年オセロの小学生大会で

早くも発揮されます。

 

小学校1年生から6年生が参加している大会で

なんと優勝してしまったのです。

 

こちらでも、快挙を成し遂げています。

初出場で史上最年少優勝でした!

 

さらに翌年の2年生になっても優勝という連覇を果たします。

 

大人も混じる大会でも上位の常連に成長していきます。

 

わずか7~8歳の子供が、緊張する勝負の世界でしかも優勝まで

してしまうとは、並大抵の冷静さではないということが

わかりますよね。

 

まさに、天才少年!

オセロ界の藤井聡太という異名がつくほどです。

 

中島八段も、小学校1年生から知っていて、

 

ありえないぐらいセンスのかたまり!

 

と評するほど。

 

さらに、すごいところは、勝負が終わった盤を記憶を頼りに

1手1手戻ることが出来るという天才ぶり!

 

これは、中島八段でもできないそうです。

 

今回オセロ世界大会でも優勝が決まった時も、冷静沈着な表情でした。

恐らく疲れもあったのでしょうが、すごい11歳ですね!

スポンサードリンク

 

福地啓介君のオセロは独学!天才は何かが違う…

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:日本オセロ連盟

 

では、このように力を急激につけていった福地啓介君ですが、

いったいどのような経緯でオセロが強くなっていったのでしょうか?

 

決してオセロ教室に通ったわけではなく、

 

独学!

 

というからますます驚きです。

 

オセロを始めたきっかけは、年中さんの時。

 

お母さんが手作りでオセロ盤を作ってくれました。

早速戦うも、すぐに敗退…

 

普通の4~5歳の子なら、泣き叫んでわざと勝たせてもらったり

しますよね!

 

でも天才少年福地君は、その頃から違っていました!

オセロに強い興味を抱きます。

 

お母さんに負けてしまったことが、あまりにも悔しかった福地少年は、

オセロ教室に通うでもなく、タブレットなどを駆使し、独学研究を始めます。

 

中島八段いわく、コンピュータ対戦は手はわかっても、そこに至る経緯を

考えるのは難しいものとのこと。

 

でも福地君は、自分の頭で、どう考えればこのような手になるのか?

という推測を重ねていきました。

 

試行錯誤を重ね、様々な局面に対応できるようになっていったそう。

 

すでに、大人を簡単に負かすほど強くなっていったということでした!

 

世界大会優勝後の帰りの飛行機にてサプライズ!

福地君が帰国するために乗った飛行機にサプライズが起きました!

 

飛行機の機長は谷田邦彦氏。

 

実は谷田氏は、1982年15歳でオセロ世界大会の最年少優勝記録保持者だったのです。

この記録を破った福地君をぜひ乗せたいと今回のフライトに名乗り出たのだとか。

 

機内アナウンスでも、福地君の快挙に触れて盛り上げたそうですよ!

なんとも粋な計らいですね。

 

今後ますます、強くなっていくこと間違いなしの天才福地啓介君。

目が離せない存在となりそうですね。