教えてもらう前と後の今夜のテーマは

 

夫源病!(ふげんびょう)

 

この病気は夫が原因の病です。

 

なんだか、冗談のような病名ですが、この病気は侮れません。

 

最近では、100人中、95人が夫に対して不満をいだいているという

結果も出ています。

 

熟年離婚などの原因にもなりかねない夫源病についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

教えてもらう前と後で注目の夫源病とは?

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:フォトライブラリー

そもそも、この夫源病とは何なのでしょうか?

それは読んで字のごとく、

 

夫が居ることが原因で起こる体調不良のこと。

 

症状としては、気分がすぐれない、吐き気がするなどです。

更年期障害にも似ている症状になります。

 

夫源病は、医学的な名称ではありません。

 

大阪樟蔭女子大学教授が、男性の更年期外来で中高年の夫婦の診察時に

気が付き、命名したのが有名になったと言われています。

 

なんともうまくつけたものですね!

 

夫源病の原因は?

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:フォトライブラリー

夫源病の原因といっても、一言で表すのは難しいかもしれません。

夫が原因といっても、存在自体が原因と言ってしまったら元も子もありません。

 

ですから、どのような特徴を持った夫が夫源病の原因となりやすいかを

お伝えしたいと思います。

 

ここに当てはまるような方は、妻の様子を観察してみてはいかがでしょうか。

もしかすると、夫源病にかかっているかもしれません。

 

夫の特徴

ありがとうを言わない(感謝しない)

当たり前と思っている

上から目線

妻を家政婦だと思っている

誰が養ってるんだとことあるごとに言う

友達がいない

妻の行動を監視または、抑制する

外では普通にみえることも

家ではむすっとしている

家事に口出し(自分は全く出来ない)

すぐに怒鳴る

すぐにものにあたる

 

とまぁまだまだ続くのですが、これを読んで夫側、妻側思い当たる節が

あるようでしたら、要注意ですよ。

 

一言でまとめると…

 

昭和の亭主関白

なんとなくイメージ持てましたでしょうか。

 

そして、年齢に関係なく夫源病の原因になると言われています。

スポンサードリンク

 

夫源病になりやすい人の特徴は?

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:フォトライブラリー

 

ではでは、夫が昭和の亭主関白のようなタイプだと

みんながみんな夫源病にかかってしまうというと、

そうでもありません。

 

やはり、なってしまいやすい妻の特徴というのもあります。

 

妻の特徴

責任感が強い

家事が完璧

子供や夫のために尽くす

世間体を気にする

我慢強い

小さいことに悩みがち

いい母親・いい妻にみられるために努力する

感情を押し殺す

人前で泣かない

我慢することでうまく回してきた

あまり病院へも行かない

怒鳴られても言い返さない

じっと耐える

内向的

非社交的

 

などなど、こちらもまだまだあります。

 

スポンサードリンク

 

夫源病の治し方!夫婦関係を再構築!

では、夫源病にかかってしまったと思われる場合、どうしたら良いのでしょうか?

まずは症状が落ち着くまでは、会う時間を最小限にすることが必要です。

 

同じ家の中に居ても、極力、時間帯をずらすなどして様子をみましょう。

 

少し気持ちが回復してきて、やはり夫とやっていきたいという気持ちに

なった場合は、そこからスキンシップや、コミュニケーションを少しずつ増やしていきます。

 

夫婦関係を一から構築しなおすという感じです。

 

どうしてもうまくいかないという場合は、

心療内科の受診を考えても良いでしょう。

 

心身共に健やかに夫婦生活を送るためには努力も必要かもしれませんね。

林修先生の今でしょ!カニカマ大注目!知られざる健康効果・効能とは