地面師という言葉を聞いたことありますか?

先日逮捕に至った、なりすまし事件で話題となっている言葉です。

今朝ビビットでも特集を組み、地面師を掘り下げていました。

 

今回は地面師の巧妙すぎる手口をお伝えしたいと思います。

そして、超高齢化社会に溶け込んでいる手配師についてもご紹介します。

スポンサードリンク

 

地面師とは?読み方は?

 

 

 

 

 

画像出典:アパート売却王

 

地面師の読み方は、じめんしです。

 

土地を所有者になりすまし、土地の売却を大手業者へもちかけ多額の代金を

だまして手に入れる詐欺です。

 

地面師は、いわゆる詐欺師の部類に入ります。

 

今回、急にこの言葉が出てきたように感じますが、実は昔から地面師は存在していました。

 

もともと、戦後の混乱期に一気に増加したと言われています。

 

大まかな手口は、弁護士を利用し権利証や、本人確認に必要な書類を偽造します。

そして、本人になりすまして不動産の所有登記を移転させてしまいます。

 

戦後の混乱期というのは、役所の機能も低下気味で、偽造にも気が付かない程ずさんな

管理が行われていたとみられます。

 

その為、多くの被害が出ていました。

 

地面師は、一人では詐欺を行いません。

必ず、チームを組んで動きます。

 

その為、事件が発覚しても、チームのメンバーはそれぞれ

 

「私も騙されたんだ!」

 

と主張できるというわけです。

 

戦後の混乱期を経て、登記権利証制度廃止により、地面師も減少しています。

今回、積水ハウスのような大手が55億円も騙し取られてしまったということで、

各紙大々的に取り上げられるようになったというわけです。

スポンサードリンク

地面師の巧妙な手口とは?

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:株式会社 コン・パス

 

それでは、地面師はどのような巧妙な手口を使ってくるのでしょうか?

 

不動産のプロともいわれる、積水ハウスでさえ高額の被害に遭ってしまいましたよね。

 

手口は劇場型のオレオレ詐欺に似ているともいわれています。

 

役割分担が細かく決まっています。

 

所有者になりすます人物。

 

その所有者をフォローする内縁の夫役。

 

なりすましを手配してくる手配師。

 

連絡役。

 

運転手役。

 

偽造グループ。

 

それを取りまとめるのが地面師。

 

さらに、地面師を仕切る黒幕がいます。

その黒幕は首都圏だけで10名程存在しているとか。

 

今回積水ハウスで偽造されたパスポートですが、技術力も高いことが

わかっています。

 

公証役場でさえ、見破ることが難しい偽造パスポートを作成していました。

 

地面師の取材を続けている森氏は、

 

印刷業者や、ハンコ職人のプロ、司法書士などが協力している可能性を示唆しています。

 

実印にいたっては、3Dプリンターで作成するところまで進んでいるようですが、

まだ実際に使われたことはないようです。

 

ですが、これほどの技術力を持っている集団ですから、今後使用されてしまう

可能性があるかもしれません。

 

というように、巧妙さは増すばかり。

これから、東京五輪に向けてますます不動産売買が活気づくので、地面師詐欺が

横行するのでは?とみられています。

スポンサードリンク

地面師グループのなりすまし役はスカウトして面接する!

 

 

 

 

 

画像出典:icooon-mono

 

地面師グループの巧妙さは卓越しています。

ですから、同じメンバーで永遠に詐欺を働くことも可能なはずですが、

実は、なりすまし役だけは、素人をつかわなければならないそう。

 

それは、所有者に似ている人物であることが必須。

ですが酷似している必要はありません。

パッとみで、似ていればOKだとか。

 

ですが、なりすまし役になるには条件がさらに3つあります。

 

なりすまし役の条件は?

 

初犯

記憶力の良さ

演技力

 

こういった人物をスカウトしてきて、面接を受けさせます。

その面接で、記憶力や演技力を確認するというのです。

 

驚くことに、演技指導もそこで行うそうです。

 

積水ハウスで逮捕された、なりすまし役も元は普通の一般市民というわけです。

 

そして、どうやら記憶力に問題があったようで、なりすましをフォローする

内縁夫役も付けられました。

 

手配師はなりすまし役をスカウトしてくる!

実は、地面師グループには、手配師なるものが存在しています。

 

手配師の役割は、なりすまし役をスカウトする事。

 

でもどうやって?と思いませんか!

 

実は、手配師はかりそめの姿をして世の中に溶け込んでいるそうです。

 

例えば、今回の積水ハウスの事件で手配師を担当した人物は

普段は清掃のおばちゃんをしています。

ですが、実は何度も逮捕歴があり、不起訴処分を受けているという

強者です!

 

まさか、清掃をしている方が手配師だなんて思いもしませんよね。

 

そこが落とし穴!

 

そのほかにも、高齢者が集まりやすいところに出没すると言われています。

 

例えば、

 

病院

介護施設

温泉街

 

特に、高齢者が狙われやすいとされていますので、

むやみやたらに、親しくなってしまうのは危険かもしれません。

国際ロマンス詐欺手口!撲滅協会?軍人からSNSに友達申請!被害時の対応は?

ビビットの近所トラブルが怖すぎる!ホラー?相談は警察?市役所?