セカイノオワリのメンバーが共同生活をしているシェアハウス、その名もセカオワハウス。

以前からメンバーのsnsに画像がのせられたり、メンバーの恋人や友人が訪れたりなどでその内観外観が公開されていました。そして今回、セカオワのメンバーのsaoriさんの結婚&妊娠報道により再び注目を浴びているセカオワハウス!

今回はそんなセカオワハウスの最新まとめを皆さんにお届けしたいと思います。

スポンサードリンク


(「池田大とは?画像あり!年齢や職業プロフィールをまとめました」http://care-send.com/wp-admin/post.php?post=811&action=edit

セカオワハウスとは

【セカオワハウス】

セカオワハウスとは超有名バンドセカイノオワリのメンバーとそのスタッフが共同生活をしているシェアハウスのことで、都内に位置している。まずはセカイノオワリのメンバー紹介をしていきたいとおもいます。


〇SEKAI NO OWARI

デビュー : 2010年インディーズデビュー / 2011年メジャーデビュー

メンバー :

 [  fukase   ] 旧ネーム、及び旧クレジットは深瀬 慧(ふかせ さとし)。姓名の読み、姓の漢字表記はそのまま本名であるが、名前の漢字表記は本名ではないそう。SEKAI NO OWARIの初代リーダー(現リーダーはnakajin)。性格は「天真爛漫で神経質なリーダー」とされている。作詞作曲はDJ LOVE以外のメンバーで行っているが、中でもfukaseは一番多くの作詞作曲を手掛けている。ライブではハンドマイクで歌うことが多いが、ギターを引きながら歌うこともたまにある。しかし最近はその機会も減っているそう。

結成当初はfukaseがマスクをかぶることになっていたたが、メンバーが全力で阻止。理由は「顔が可愛いから」。笑

 

 

[  nakajin  ] 旧ネーム、及び旧クレジットは中島 真一(なかじま しんいち)。2013年のアリーナツアー以降は、Fukaseに代わりSEKAI NO OWARIのリーダーを務めている。ハットと眼鏡がトレードマーク。性格は「真面目でストイック」され、2011年の目標には「休まない」とまで掲げていたそう。多くの楽曲でコーラスを担当している他、多くの楽器を演奏できるためサウンドプロデュースを担当している。ピアノ・キーボード等鍵盤楽器に関しては、ライブやレコーディングで演奏することはないが、ギターを始める前にピアノを習っていたことがあり、アレンジの時などに使用する。

 

[  saori  ] 旧ネーム、及び旧クレジットは藤崎 彩織(ふじさき さおり)。サウンドレコーディングの際はディレクターを務め進行を指揮する。ライヴでは総合演出を務める。メンバーの中では唯一ブログを書いていて、雑誌『MARQUEE』で個人連載も持っていた。趣味は読書で、本のレビューを寄せたり、テレビの読書コーナーに出演したこともある。

 

[  DJ LOVE  ] ピエロのマスクをかぶっていて、バンドのマスコットキャラクターを務める。主に機材を選ぶ役目を担っており、メンバーの意図に合わせて音作りをする。ライヴではエフェクターの操作やコーラスも担当する。性格はおおらかで、メンバーからは「ゾウのよう」だと言われている。また、Saoriは「彼が怒ったところをまだ一度も見たことがない」と自身のブログで述べている。趣味はフィギュアやおもちゃ集めとしているが、メンバーのSaoriからは「ゴミ集め」「何の役にも立たない」と言われている。レードマークであるピエロのマスクに関しては、「子供に大人気かと思いきや、意外と泣かれる」「暑いのは慣れました」とのこと。デビューしてから今までに何度か変えていて、初代DJ LOVEから引き継がれたマスクが最初のマスク で、その後渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)の公演のときにマスクが変わる。そして、「INORI」発表(メジャーデビュー)のときにウィッグのボリュームが増している。

 

作詞、作曲はDJ LOVE以外の3人が行っています。レコーディングでは、サウンドセレクターであるDJ LOVEが主にギター、ベースとそのアンプの機材を選び音色を調整し、ピアノの演奏をsaoriが行う。fukaseは自分のボーカル以外の録音中はスタジオに入って来ず、レコーディングスタジオのロビーでゲームをし、最終的な統括に徹しているそうです。

 

 

スポンサードリンク


 

【セカオワハウス内観・外観】

セカオワハウスは外観と内観のギャップがすごいと有名でもありますが、まずはセカオワハウスの外観を見ていきましょう。

大きさだけはとても伝わるこちらの外観。一見普通の都会の豪邸といった感じですね。

 

次に内観を見ていきましょう。

こちらがかの有名なソファー。テレビ番組などで多く露出されている為、ネットで検索するとすぐに出てきます。メンバーの友人や恋人も多く集まるセカオワハウス。ここには数多くの芸能人たちが腰を掛けたのでしょう・・・

このソファーの名前が、「ハロ ベンジントン2Pソファ ベルベット パッチワーク ボヘム」といって、お値段53万円だそうです。

 

 

テレビではリビングの様子を本物そっくりに再現され、話題になったことも。

 

この世界観の中で数々の有名な楽曲が生まれているのですね。。。

 

 

次にこちらはsaoriが書いた内観の図。手書き感が良いですね笑

 

そしてこちらがそれぞれの部屋の様子。

【fukase】

 

【nakajin】

以前この部屋は雨漏りしたことがあるそうです笑

【DJ LOVE】

【saori】

改造計画の経過がSNSで公表されていたsaoriの部屋は、このような感じ。

 

それぞれ個性のある内観となっていますね!

 

地下にはレコーディングのできるところがあります。

 

 

メンバーのsaoriの池田大さんとの結婚&妊娠発表から、セカオワハウスの今後を懸念する声がsnsで多く見られますが、saoriはセカオワハウスでのシェアハウスを続けるようです。

この判断には、saoriさんの妊娠の状況などを心配して様々な声が上がっていますが、妊娠生活が本格的になった来たら、セカオワハウスから出るのかもしれないなどの予想の声も上がっています。

 

幼少期からの交流があるからこそ実現できるこの共同生活。100人が招待された宅のみパーティーが開催されたこともあったようですが、そんなときに気になるのが近隣の方への騒音被害…

芸能人って豪快に遊ぶイメージがついているので、都会の閑静な住宅街の中でそんなパーティーは大丈夫なのか?と心配する声もありますが、

実際に近隣の方(自称)のTwitterでの発言では、そのような心配はないとのこと。

ただ、雑誌で取り上げられたりなどして、ファンの方が押しかけてきたりなどしてメンバーの方が実際に困ってしまったといったケースはあったようです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク