エンテロウィルスD68が今流行してます。

このウィルスが原因と思われる病気、

 

急逝弛緩(しかん)性まひ!が注目を集めています。

 

この急逝弛緩(しかん)性まひは、子供の手足にまひを起こしてしまう

恐ろしい病気です。

 

そのまひの原因として疑われているのがエンテロウィルスD68です。

今回は、急逝弛緩(しかん)性まひなどについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

エンテロウィルスD68とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:エキサイト

 

エンテロウィルスD68とは、小児まひとも呼ばれている、ポリオや手足口病を

起こすウィルスの仲間です。

 

感染は、飛沫感染です。

せき・くしゃみのしぶきから感染してしまいます。

 

3年前にも一度流行していましたが、今年の5月に入り86件報告されているといいます。

そして、急逝弛緩(しかん)性まひの症状があらわれているのは28例も。

 

症状としては、発熱や風邪と似ている症状が出ます。

恐ろしいことに、感染を防ぐ手立てがありません。

 

つまり、ワクチンもなく、対処療法しかできません。

 

3年前はどうだったのかというと、285件報告があがっていました。

全てがエンテロウィルスD68との関連があるかどうかはわかっていません。

ですが、流行の時期に手足のまひが出現。

脊髄に異常をきたした人も60人に上っています。

 

大人の感染は4人。

大半が5歳未満の子供でした。そして、多くにまひが残ってしまったそう。

スポンサードリンク

エンテロウィルスD68の予防方法とは?

それでは、エンテロウィルスD68の感染を事前に防ぐためにはどうしたら

良いのでしょうか?

 

ワクチンも作られておらず、現在対処療法しか確立していません。

さらには、幼い子供であればまひが残ってしまう可能性も否定しきれませんので、

出来るだけ感染事態をさける事が大切と言えます。

 

その方法は、昔ながらの

 

手洗い・うがい

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:アマナイメージズ

 

これを欠かすことなく行うようにしてください。

 

幼い子供であれば、少し難しいこともあるかもしれませんが、

出来るだけお茶を飲ませるなどして、乾燥対策を行った方が良いでしょう。

スポンサードリンク

急性弛緩(しかん)性まひとは?

 

 

 

 

 

 

画像出典:写真AC

 

エンテロウィルスD68に感染し、風邪の症状の後にもし手足に

まひが現れるようなことがあった場合は、すぐに医療機関へかかるようにしてください。

 

急逝弛緩(しかん)性まひの疑いがあります。

 

この急逝弛緩(しかん)性まひとはどのような病気なのでしょうか?

まひが起こることで、筋緊張が弱くなる状態を

弛緩性まひと呼びます。

 

関節の運動が出来なくなって、筋の緊張が弱くなるか、消失してしまいます。

腱反射についても、反応を示さなくなる状態。

 

つまり、運動機能が全く失われてしまう状態となります。

急性弛緩(しかん)性まひの予後は?

それでは、急性弛緩(しかん)性まひの予後はどのようなものなのでしょうか?

 

まず筋緊張の低下に伴って、関節を動かすことが困難になります。

腕を動かしたり、歩くこともままならなくなってしまします。

 

重症の場合は呼吸困難や、命の危険にさらされる可能性も。

 

急性弛緩(しかん)性まひの治療方法!

もし、エンテロウィルスD68に感染してしまい、風邪の後にまひの症状が

出てしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、早めに医者を受診することが先決です。

 

では、もし急性弛緩(しかん)性まひという診断がついた場合は

どのような治療が待っているのでしょうか。

 

それは、副腎皮質ホルモン剤などを用いた薬物療法が代表的なのだそう。

 

そして、早期治療が大切ともいわれています。

 

発症後、3~5日以内に連続投与が必要。

 

その他の薬としては、末梢神経拡張薬、血流改善薬、ビタミン剤が用いられる場合も。

 

さらに、低周波電気治療で血流を促し、筋の収縮を防ぐ治療も行うとか。

 

この治療については、まひの進行が遅くなる1~2週間後に行うとされています。

 

急性弛緩(しかん)性まひの手術とは?

実は、急性弛緩(しかん)性まひには、機能再建手術が行える場合があるようです。

 

まひ発症後、3~6か月の自然回復力を観察し、実際に手術が効果があるのか

どうかで判断されるのだとか。

 

手術して回復する見込みがある場合は、機能再建手術を行ってもらえるのだそう。

 

 

急性弛緩(しかん)性まひについて、お伝えしてきました。

とにかく早くワクチンが出来る良いですね。