今話題の回文を使ったお笑い芸人、手賀沼ジュン。回文(かいぶん)による歌ネタで「2014年の歌ネタ王決定戦」優勝をし、ブレイク中お笑い芸人として活動している彼について調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


【手賀沼ジュン】

 

〇本名:野中淳(のなか じゅん)

〇ミュージシャン、お笑い芸人、回文インストラクター

〇生年月日:1979年7月24日

〇出身地:ネパール

〇最終学歴:早稲田大学

〇在学時代、アマチュアのお笑いコンテスト「ギャグ大学偏差値2000」で3位入賞

→WAGE結成、アミューズよりデビュー。(2001年-2006年)

〇グループ活動休止後、ミュージシャンに転向。(所属事務所:サンミュージック)音楽ユニット「BIG JUHN」結成

〇『R-1ぐらんぷり2012』 準決勝進出

〇2014年の歌ネタ王決定戦 優勝

 


 

手賀沼ジュンは、ネパールのマルク町というところで生まれたそうです。そして、11歳の時に千葉県柏市に移住。

本名からもわかるように、ネパールの血は入っていません。両親とも純日本人だそうです。

 

手賀沼ジュンという芸名はどこから来ているのか。

手賀沼ジュンは過去に一度芸人の夢を捨てて、ミュージシャンとして活動を開始しています。その時に使用していたアーティスト名がこの「手賀沼ジュン」。歌や踊りありの音楽ユニット「BIG JUHN」を結成しています。(正式メンバーは手賀沼ジュンのみだったらしいですが笑)

 



スポンサードリンク


 

小島よしおとのつながりは?

手賀沼ジュンと調べると小島よしおというワードがひっかかります。そのわけは、手賀沼ジュンの早稲田大学卒業という経歴に理由があるそうです。

手賀沼ジュンは学生時代にお笑いサークル「WAGE」というサークルに所属し、小島よしおら計5人で活動をしていたそう。

メンバーは(森迅史→放送作家 / 岩崎宇内→かもめんたる / 小島義雄→小島よしお(写真左上) / 槙尾祐介→かもめんたる / 野中淳→手賀沼ジュン)というメンツで、今も全員がそれぞれお笑い関係の仕事をしているそうです。(ちなみにWAGE時代の小島よしおは今のようなキャラクターではなく、もっとしずかなキャラクターだったそうです笑)

当時のお笑いも緻密なコント構成の評判がよく、人気があったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月20日放送のフジテレビ「誰も調べた事がない日本語ランキング ニッポンねほりはほり」で取り上げられる予定だそうです。また再び注目されるといいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク